毎年、緊張感とプレッシャーに包まれるクリスマスディナー。なぜ、ふたりとも堂々と振る舞えなかったのでしょうか? 今年の聖夜こそ、スマートに過ごせるためのコツをお伝えします。

昨年より、さらに価値あるクリスマスに!

昨年より、さらに価値あるクリスマスに!

年に一度のイベントだからこそ、少し背伸びをしたくなるはず。ふだんあまり行くことのない高級レストランはハードルが高いと感じるものですが、ちょっとした心配りや振る舞いを変えるだけで、スマートで好感の持たれるゲスト、そしてパートナーになれますよ。お互いが気持ちよく、楽しく過ごせるよう、今年は価値を高めるValue up Xmasに!


クリスマスまでにしておくこと

■予約を愉しむ
クリスマスディナーは、いつものレストランよりちょっとランクを上げる方も多いのでは? エスコートする立場の男性にとって、グレードの高いお店に電話をするのは、少々緊張するかもしれませんね。しかし、何も恐れることはありません。お客様として堂々と、そして丁寧に予約をしたいものです。

安心してディナーに臨むためのもうひとつのポイントは、1週間前~前日までには、予約確認の電話を入れておくこと。もちろん、お店側から確認の電話がある場合もあります。万が一、何らかのミスで予約が取れていなかった場合、クリスマス当日に他のお店を探すのはとても大変です。確認のためのリ・コンファームをしておけば安心ですね。


■準備を愉しむ 
クリスマスディナー。お料理の内容とお値段が気になりますね。

クリスマスディナー。お料理の内容とお値段が気になりますね。

予約の際に確認しておきたいのは、メニューの内容。ほとんどのレストランはクリスマスのスペシャルメニューを用意しています。その内容とお値段を事前にネットや電話で確認しておくと安心でしょう。彼女が嫌いなものがあるか事前に告げられますし、当日初めて目にするメニューにも慌てなくてもすみます。

ワインを飲まれる方は予算を伝えておけば、ご希望のものを用意してくれます。彼女の前で金額を告げるのはスマートではないですし、見栄を張る必要もなくなるので、おすすめですよ。もちろん当日のオーダーでも構いませんが、たくさんのワインリストからその場で選ぶのは至難の業。あらかじめ決めておけば余裕を持って食事が愉しめ、彼女からも頼もしく思われます。


■ドレスコードを愉しむ
レストランによっては「男性はジャケット着用」「エレガントカジュアル」「スマートカジュアル」などを確認しておかないと、入店できない場合もありますのでご注意下さい。入店のOKが出ても、ゲストの中で浮いてしまうと、せっかくのディナータイムに肩身の狭い思いをしてしまうかも。

逆に、がんばってフォーマルで行っても、周りの方の装いが意外にカジュアルな場合もあります。気持ちが落ち着かなくなるかもしれませんので、ドレスコードは前もってホームページで調べておくか、予約の電話の際に確認しておきましょう。


次のページでは、レストランで堂々とすべきことを確認してください!