パーラーの魅力を表すメニューブック

2種類のサンドイッチを欲張るドッピオの半分の断面。

2種類のサンドイッチを欲張るドッピオの半分の断面。

そして自由といえばやはりメニューです。メニューほどこの店の魅力を端的に表しているものはない。以前の記事でも書きましたが、カスタマイズできるサンドイッチ(サラダ、飲物付き 930円~)は、リュスティックにごまパン、全粒粉のくるみパン、フォカッチャ、レーズン酵母の食パン、チャバタ……と、10種類以上のパンから選べるのですが、その説明が長いものでは7、8行にわたってたっぷり書いてあるのです。サンドイッチにすると「食べづらいかも」とまで。でも好きならどうぞ、自由に作れますよ、とそれは物語っています。
たっぷりの具を注文するときは、食べやすい食パンがおすすめ。

たっぷりの具を注文するときは、食べやすい食パンがおすすめ。

好きな素材を追加するなど、希望の食べ方を伝えたら、飲みものでも食べものでも、作ってくれるかもしれません。「とりあえず提案してみてください。値段は相談しましょ」とメニューに書いてあります。なんて自由!
季節のタルトは店で食べるとアイスクリーム付き

季節のタルトは店で食べるとアイスクリーム付き


ハンドドリップのコーヒーと季節のタルト

ハンドドリップのコーヒーと季節のタルト

「今日だけメニュー」というのが最初のページにあって、これはリピーターにおすすめです。契約している八ヶ岳と四街道の農園から週に二回届く野菜を使ったサンドイッチや、知り合いの鮨屋さん、居酒屋さんから分けてもらう新鮮な魚を使ったタルティーヌなんていうのも最近ではメニューにのぼります。
サルシッチャ

サルシッチャ

定番人気はサルシッチャ(単品 サラダとパン付き1140円)。イタリア語でソーセージのことです。パーラー江古田では「中勢以」の豚肉を週に前足2本、モモ2本仕入れていて、おいしいものを、おいしいままに塩コショウ、ニンニクだけで味付けして食べさせてくれるサルシッチャはシンプルで上質。脂の融点が低く溶けやすいので、挽いたり詰めたりする道具や品質管理にはかなり力を注いでいるのだそうです。
デザートに使うミントを摘む浩次さん

デザートに使うミントを摘む浩次さん



定例「満月バー」と出店イベント

パーラーのパンは国産小麦100%

パーラーのパンは国産小麦100%

以前より広い場所を得て、満月の夜に開催される人気のイベント、予約のいらない「満月バー」もすっかり定例となっています。
2015年11月は26日、12月はクリスマスの25日に開催される予定です。
満月バーでは、当日売りのプリペイドチケット制でイタリアの自然派ワインとちょっとした料理が楽しめます。
石臼と奥の厨房

石臼と奥の厨房

ほかには、出張で以下のようなイベントが予定されています。ご興味のある方はお見逃しなく。(2015年11月~2016年1月)
11月29日 フェスティヴァン(恵比寿)
12月6日 オブスキュラコーヒー(三軒茶屋) サンデーマーケット出店
1月16日 座の市(高円寺)出店


薪ストーブのまわりの空のワインボトルは、ワイン売場準備のために並んでいるのだそう

薪ストーブのまわりの空のワインボトルは、ワイン売場準備のために並んでいるのだそう

そろそろ、店内の薪ストーブに入れる薪が店の外に積まれ、新しい店で初めての冬が訪れます。パンを浮かべた豆のスープや、豪快なサンドイッチなどを、ワインと一緒に楽しみたいですね。
豆とパンのスープ(ハーフサイズ)

豆とパンのスープ(ハーフサイズ)

パーラー江古田

パーラー江古田

■パーラー江古田
住所:練馬区栄町41-7
営業時間:8時半~18時
火曜定休(火曜が祝日の時は水曜)
電話:03-6324-7127
西武池袋線江古田駅徒歩6分
Yahoo!地図情報

【関連記事】
パーラー江古田【江古田】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。