目立ってくると見た目年齢が+10才!?
プチイボ「アクロコルドン」を撲滅するなら秋冬がベスト!

スキンケアはばっちり、ボディラインもメイクも髪も整えて、これで10歳は若く見える! という貴方。首周りの小さなイボを見逃していませんか?
a01

ある日、首元に肌色のザラツキが!?

もしデコルテ周りに小さなザラツキが目立ってきたら、それはアクロコルドンかも知れません。

 

アクロコルドンとは主にデコルテや脇、鼠径部など、皮膚の柔らかい部分にできるイボのことで、触るとやわらかいのが特徴です。早い人では20代後半から加齢とともに数が増えると言われています。

30代前半の女性症例

こちらは30代前半の女性のネック&デコルテ。アクロコルドンが点在しています


発生の原因はハッキリしたことがわかっていません。悪性のものではないので放っておいても大丈夫ですが、見た目的はやはりイマイチ。つまりそれは、どうしても“オバサンっぽい印象に陥りがち”。になるということです。
a02

首だけでなく肌の柔らかい部分に、加齢とともに現れるのが特徴

セルフケアでは、ほぼ解決できないこのアクロコルドンですが、美容クリニックなら簡単に解決可能。そこで今回は、このプチイボの解決策を伺うべく、クリニックに取材に行くことにしました!

 

“美魔女”院長に聞く、プチイボ解決法

今回プチイボ解決法を伺ったのは、ガイドの記事の読者ならもうおなじみの「銀座ケイスキンクリニック」。
a03

ガイドの記事ではすっかりおなじみの「銀座ケイスキンクリニック」

美容クリニック界きっての“美魔女”慶田朋子院長が、自ら試して納得のいった外用薬、化粧品、レーザー、光・高周波照射、注射・注入療法などを駆使して、メスを使わずに、美容と医療を融合させた「美医術」をコンセプトに確実に若返る方法を提唱されているのが特徴です。

 

a04

自ら試して、納得のいったものを提供してくれる廣田院長。このエレガントな美しさは魔女というより女神!

慶田院長:「加齢の象徴とも言えるこのイボは、非常に多いお悩みの一つですが、実はとても簡単に治療が可能なんです。
細胞内の水分と反応することで熱エネルギーに変わるCO2レーザーで蒸散させれば、出血もほとんどなく、綺麗に取れるので、当院でも非常に人気の治療ですね。
また、突起しているものは先端がカーブを描いた手術用のハサミで切り取ってしまうこともあります。こちらだとダウンタイムもほとんど皆無で、本当に便利ですよ」

 

治療自体は一年中いつでもできますが、タイミング的には今頃行うのがベストとのこと。

慶田院長:「取りたいイボの数が多くなれななるほど、しばらくの間レーザーを照射した痕が目立つので、タートルネックやスカーフなどで首元を自然に隠せる今の時期が治療に適した時期だといえます」

個人差はありますが、レーザーの小さな照射痕が2週間~数ヶ月残るそうなので、それが気になる人や取りたいイボの数が多い場合は隠せる時期に済ませてしまったほうが良さそうですね。

プチイボはこうやって取る! 気になる治療法は次のページで!