美人になれるバスタイムをぜひ活用して

バスタイムは、血流のめぐりを良くして冷えやむくみを改善したり、角質をやわらかくして汚れをすっきりオフしてくれたりと美容には欠かせないもの。特にこれからは冷える季節なので、ぜひシャワーだけで済まさず夜はゆったりとバスタイムを楽しんでください。
リラックスできるバスタイムはストレス解消にも

リラックスできるバスタイムはストレス解消にも


ただ、入浴の仕方によっては乾燥を悪化させてしまう恐れも。今回は乾燥を防ぎ、美肌度をアップさせる入浴法についてお話します。

乾燥を招く入浴法を今すぐSTOP

1:熱すぎるお湯は乾燥の原因!温度は38~40度前後がベスト
皮膚の潤いを保つ役割を果たすのに、皮脂と肌本来の潤い成分であるNMF(天然保湿因子)という保湿成分があります。42℃以上の高温のお湯に浸かると、皮膚(角質内)の保湿成分がしみ出て、皮膚を覆っている皮脂も洗い流されてしまうため乾燥肌になってしまいます。まずは熱すぎるお湯に長時間つからないことが大切です。浸かる場合は保湿成分入りの入浴剤を必ず入れるようにしてください。

2:タオルやボディブラシではなく、泡を立てて手で洗う!
日本人にありがちですが、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ洗うのも乾燥を助長させてしまいます。摩擦によって角層の表面に傷がつき、NMFが溶け出してしまうからです。乾燥させないためにも、ソープはしっかり泡が立つ物を選んでください。身体を洗う時はしっかり泡立てて優しく手で洗うようにしましょう。また、シャワーやお湯で流すだけでも汚れは落ちるので、乾燥が酷い方は毎日ボディーソープを使う必要はありません。

3:お風呂上りはすぐ保湿! オイルなどを優しくなじませて
お風呂あがりには、バスタオルで優しく押さえるように拭きましょう。その後はすぐに保湿を行います。というのも、お風呂で潤った体は入浴して20分過ぎると入浴前の水分量に戻ってしまうから。10分以内を目安に保湿を行うと、潤いボディを育てることができます。乾燥するこの季節は、オイルやクリームなど油分が多く保湿力の高いアイテムを選ぶのがおすすめ。保湿剤を塗る際には、手の平で優しく、できるだけ広く塗るようにしましょう。すり込むように塗るのは皮膚を傷め、逆効果となります。 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。