婚活と美容皮膚科の意外な接点

接近戦の前には、やはりそれなりの対策が必要ということ!(写真はイメージです)

接近戦の前には、やはりそれなりの対策が必要ということ!(写真はイメージです)

品川美容外科 池袋院(美容皮フ科 品川スキンクリニック併設)の弓削田院長に、ガイドの植草が直撃取材した記事の第2弾です。前回の記事の続編になりますので、合わせてご覧くださいね。
ずばり、婚活と美容皮膚科の意外な接点について深掘りしたインタビューをお届けします。


婚活女性が美容皮フ科に来るきっかけ

後半も、美と婚活についてもっとアツく語っていきます!

後半も、美と婚活についてもっとアツく語っていきます!

――クリニックにいらっしゃるお客様の年齢は30~40代が多いそうですが、みなさんがこちらにいらっしゃる“きっかけ”はなんなのかしら?

弓削田院長(以下弓削田):「それこそ、お見合い写真の撮影を控えているから、ヒアルロン酸注射でしわを薄くしたい、という人は実際多いですよ。
きっかけとしては、1年前から急に進行してきたとか、気づいたらタルミが進行していたとか、急に気づく瞬間があるみたいですね。本来たるみはゆっくりと進行するものなんですが敏感な方が多いのかもしれません」

――写真で自分の顔を見たときに、“えっ!? こんなに老けてたっけ?”って思う瞬間、女性ならありますよね。それこそ私、『婚活リベンジ!』(KADOKAWA刊)っていう本を書いているんですけど、30代の婚活は“私に釣り合うイイ男がいない”なんて勝手に自分で言い出して、ただの悪あがきで終わって、結果10年後に40代になってみたら結婚自体が難しくなってしまうケースが本当に多いの! 私のところに来る会員さんの70%が婚活リベンジよ。アラフォーになって“今度こそ!”と意気込んだところで、人よりも遅いスタートになるわけだから、やっぱり即効性が必要になるわけですよね。
ズバリ先生の患者さんの婚活女性たちは、美容皮フ科に何を求めていらっしゃるんですか?

弓削田:「人それぞれではありますが、やっぱり若返りですよね。
ダウンタイムがほぼなくて見た目の効果がわかりやすい注射での施術は、根強い人気ですね。会社帰りでもできるので忙しいアラフォー婚活女性にもいいと思います」


ヒアルロン酸とボツリヌス・トキシン注射の違い

――キレイになれるとはいえ、切ったり縫ったりはやっぱり抵抗ありますしね。ちなみに注射のメニューでオススメは?

弓削田:ヒアルロン酸はシワの溝を埋めるものなので、ほうれい線や口角のシワなどに効果的です。一方で、ボトックスは筋肉を弱めて一時的に休ませてあげるものなので、額や眉間、目尻などの表情ジワに効果的です」

――ちなみに、写真撮影の何日前に打つのがベストなんですか?知りたいです、ベストタイミング!

弓削田:「ヒアルロン酸は数日前でも大丈夫ですが、大事な写真ならば2週間くらい時間を空けるのをオススメしています。持ちは3ヶ月半年くらいですね。ボトックス注射は効果が出るまで1週間くらいかかって4~6ヶ月は持続します。こちらは2週間~1ヶ月くらい前に施術するのがオススメですね」
笑顔でお話する弓削田ドクターなのです。

笑顔でお話する弓削田ドクターです。


――筋肉に“もうがんばらなくていいのよ”って言ってあげるんですね~。今までずっと戦ってきたけど、ちょっと休ませてあげる……それ、いいですね~!(感激) 老けちゃったのはその人のせいじゃないってことですもん! 男社会で眉間にシワを寄せて戦っている女性たちには朗報ですよ~。ちなみに、施術にかかる時間は?

弓削田:「ボトックスは、1回打つのに数秒、30秒もかかりませんよ。気になるところに数箇所で打って、合計3~5分で終わってしまいます。表情のクセがシワとして刻まれていくので、早めにシワの予防としてボツリヌス・トキシン注射を打っておくのもいいと思います」

【美容注射のオススメをおさらい!】
■ヒアルロン酸注射
効果:すでにできてしまったシワの溝を埋める。
オススメ部位:ほうれい線や口角のシワなどに効果的です。
時期:お見合いの1週間~1ヶ月前

■ボツリヌス・トキシン注射
効果:筋肉を弱めて一時的に休ませることで表情ジワを抑える。
オススメ部位:額や眉間、目尻
時期:お見合いの2週間~1ヶ月前

>>次に、お見合いの前にやっておくベき施術も挙げていきます。