「東京学芸大学こども未来研究所」の理事監修によるキッズルーム
「学び」をテーマにしたコミュニティプログラム ワークショップを開催

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」のプレゼンテーション

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」のプレゼンテーション

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」の共用施設は、各専門分野のプロフェッショナルとの連携で、より目的に沿ったつくりになっています。例えば、キッズルームである「コドモ・コミュニティ・センター」では、「東京学芸大こども未来研究所」の理事である鉄矢悦朗氏ののデザイン監修で、畳床スペースの「遊べる壁」や寝ころんで上を眺めて遊ぶ「迷路天井」など子供を通じて親や祖父母が一緒に遊べる空間を提案。仲間づくりを誘発するようなアイデアが多彩です。

「武蔵野美術大学」山中一宏准教授のデザイン監修による「コミュニティルーム」は、自由に移動できる大きなテーブルを採用。天井や椅子に鮮やかなカラーワイヤーを採用し、発見や驚き、喜びをイメージ。こうしたスペースは、「学び」をテーマにしたコミュニティプログラムの場としても活用されます。「アート」や「子育て」などのワークショップも開催。さらにコーディネーターのサポートで、同じ趣味の居住者同士が学び合える「スキルシェアプログラム」などを通じて、コミュニティ形成をはかります。

70平米台の3LDKが中心プラン ディスポーザー、食器洗い乾燥機を装備
事前反響は、1,100件超 12月上旬から第一期販売開始予定

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」のモデルルーム

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」のモデルルーム

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」の住戸プランは、55.98平米(2LDK)~91.23平米(4LDK)で、70平米台の3LDKプランが中心。図面集を見ると、横長リビングタイプや縦長リビングタイプなど様々で、戸数規模があるためプランバリエーションも豊富です。設備は、ディスポーザーや食器洗い乾燥器、保温浴槽、複層ガラスなど使い勝手が良く省エネにもつながる設備が豊富です。
「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」のモデルルームのキッチン

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」のモデルルームのキッチン

「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」の予定価格は、1街区が3,600万円台~7,600万円台予定、2街区が3,700万円台~7,900万円台予定。予定最多価格帯は、1街区が4,300万円台中心予定、2街区が4,400万円台中心予定。駅徒歩7分の大規模マンションということもあり注目度が高く10月14日時点で既に1,100件を超える反響を集めていて集客も堅調のよう。駅から程良い距離の住環境の良い場所と言う事もあり、都下エリアを中心にファミリー層だけでなくシニア層やDINKS層からの問い合わせも多いようです。敷地の四季折々の植栽を愉しみつつ緑道を抜けて駅に向かうシーンを思い浮かべると毎日が楽しい感じもします。予定価格も昨今の情勢を考えると手が届きやすい。「ザ・パークハウス 花小金井ガーデン」は、広さと住環境と駅アクセスで探すならぜひ注目してみたいマンションの一つだと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。