空腹というと、あまり良いイメージがないかもしれません。しかし最近の研究で、空腹には様々な効果がある事が明らかになっています。ひとつは記憶力アップ。もうひとつはアンチエイジング。この機会に空腹のイメージを変えてみてください。

腹が減っては戦ができぬ。そんな格言もあります。しかし、そんな言葉はもう過去のものになりそうです。

空腹状態になると記憶力がUPする!?

a

満腹状態は幸せだが……。

受験勉強、資格勉強、昇進試験。人生には記憶力が良ければ!と思う瞬間が沢山訪れます。そんな記憶力をアップさせる意外な方法、それは空腹時にものごとを記憶させる事です。

その驚くべき効果は、東京都医学総合研究所が行った動物実験(といってもハエですが……)により明らかになりました。この実験は有名な『Science』という雑誌にも載った、とても質の高く信頼性のある研究です。

どのような実験かというと、満腹時のハエと空腹時のハエに記憶力を試すテストをしたというものです。その方法は、ハエにひとつの香りを嗅がせると同時に、嫌がる電気ショックを与えます。後日、この香りを含む2種類の香りを同時に流すと、満腹ハエは2つの香りで差は出なかったにも関わらず、空腹ハエは記憶によって約7割が電気ショックのない香りの方に向かったという結果でした。

つまり、空腹時のハエは記憶力が向上していたということです。理由としては、空腹時にはインスリン分泌量が減少し、それが脳内のタンパク質を活性化させたことが記憶力向上につながったとされています。このタンパク質は人間にも存在しているために、人間も空腹時に記憶力が向上する可能性は充分にあるそうです。

空腹状態はアンチエイジング効果も!

また、空腹時には若返り遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子が分泌され、アンチエイジングにも効果があると言われています。マサチューセッツ工科大学の研究グループが発見したこの遺伝子は、空腹時に唯一分泌され、身体内の壊れた細胞を修復する能力がある、つまり若返りに効果があるとされています。生物の寿命を伸ばす効果もあるのではないかと考えられています。

このように、空腹には記憶力アップ、身体が若返るなどとても魅力的な効果がある事がわかってきています。しかしながら、簡単に空腹状態を保てと言われても難しいのも理解できます。

空腹を紛らわす効果的な方法

空腹状態を保つ(紛らわす)方法としては、よく噛んで食べる、スープやサラダを多めに摂るなどがあります。よく噛むことにより、脳が満腹だと勘違いをして空腹を感じづらくなるためです。また、食物繊維も空腹を感じづらくする作用があり、間食としてナッツなどを摂るのも効果的だと言われています。

空腹状態を味方にすると、人生をワンランクアップさせる事ができるかもしれません。


■参考文献

- Fasting Launches CRTC to Facilitate Long-Term Memory Formation inDrosophila(2013年1月号、雑誌Scienceに掲載)
-ガランテ教授寄稿文「21世紀の健康長寿」日本エイジマネージメント医療研究機構(2007)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項