買ってよかったと思える一人暮らし用ソファの選び方

買ってよかったと思える一人暮らし用ソファの選び方

一人暮らしのあこがれ家具・ソファ。でも、買いに行く前に、部屋の広さやライフスタイルなど、もう一度しっかり見直してみて

一人暮らしを始めたら、部屋に置きたいと考える人が多い憧れ家具ソファ。でも、部屋が狭かったりライフスタイルが変化しやすい一人暮らしにとって、納得のいくソファを選ぶことは容易ではありません。サイズや形、座り心地などソファを買うときに押さえておきたい基本情報と、一人暮らしならではのチェックポイントをまとめました。
   

あなたの一人暮らしに、ソファはいる? いらない?

「ソファを買いたい」と思って、この記事をご覧になっているかと思うのですが、その前にもう一度考えてほしいこと。あなたの部屋にソファは本当に必要でしょうか。

一人暮らしにソファ。憧れがある人が多いです。でも、憧れだけで買っても無駄になることがあるのもソファ。「床に座ることが多くて、ソファは使わない」「洋服やバッグなどの物置になって、座れない…」「ソファに座って、食事や勉強などはしにくい」「部屋が狭いから邪魔!」なんて声をよく耳にします。要らないから処分することにしても、ソファのような大型の家具は捨てるだけでもお金がかかります。

もちろんソファがあるインテリアは素敵だし、ゆったりと座って寛ぐこともできます。「ソファがあって良かった」という声も決して少なくありません。ただし、それは自分や部屋、暮らしに合ったものをしっかりと選んでいるから。必ずしもなくてはならないものではないからこそ、無駄な買い物とならないように選びましょう。次の項目から、一人暮らしのソファ選びに知っておきたい基本的な情報をお届けしていきます。
 

ソファの大きさを考えよう

座りたいのか、寝転がりたいのか。それによって選ぶソファの大きさは変わります

座りたいのか、寝転がりたいのか。それによって選ぶソファの大きさは変わります

■何人掛けのソファにするか
ソファの大きさは、奥行は「80~90cm前後」、幅は「80~90cm」×人数、高さ(座面)は「30~40cm」が目安となります。何人掛けにするかで変わるのは、特に幅の部分。一人掛けで「80~90cm」、二人掛けで「160~180cm」、三人掛けで「240~270cm」の幅が必要です。あくまで目安なので、ソファによってはより大きいもの小さいものがありますが、これによって自分の部屋には何人掛けのソファが置けるのか考えるヒントになります。

ただし、「○人掛け」とあっても、目安よりも大きなものも小さなものも多くあります。また、座る人の体格によっても、快適な座面の広さは異なってきますので、最終的には実際のソファに座ってみた上で決めることが大切です。

■部屋の広さから考えるソファサイズ
ソファを部屋に置けたとしても、日常動作に支障が出るような置き方では部屋全体が使いにくくなってしまいます。ソファはテーブルの前に置かれることが多いですが、その間隔は「30~40cm前後」が目安。近すぎても窮屈だし、遠すぎるとテーブルの上の物が取れません。また、ソファを壁につけてしまうのであれば問題ありませんが、ソファの後ろを通り抜けるレイアウトにする場合は、「50~60cm前後」のスペースが必要です。あまり狭いと通りずらくなってしまいますので、注意してください。
ソファに座って食事をすることを考えているなら、テーブルの高さも考慮する必要があります

ソファに座って食事をすることを考えているなら、テーブルの高さも考慮する必要があります

■テーブルの高さとの関係
ワンルームや1Kといった一般的な一人暮らしの部屋であれば、食事をしたり書き物をしたりといった作業は、ソファとその前にあるローテーブルを使うことが多いでしょう。テーブルの高さは、ソファの座面と同じか、「5cm程度」高いものが使いやすいと言われています。ただし、食事をとったりする場合、もう少し高い方(8~10cm程度高い)が使いやすいようです。いずれかをすでに持っている場合は、それに合わせた高さのものを検討してみましょう。

■奥行は浅め? 深め?
ソファの奥行は座り心地に影響します。奥行が深いものであれば、深くゆったりと腰掛けられたり、横になって寛ぐこともできます。ただし、テーブルで作業をしたりするのには不向き。一方浅いものは、ソファに座ったまま、何か作業をする体制もとりやすくなりますが、身体をソファに預けるという形になれないため、寛ぎにくくなります。

最近は狭い部屋のために奥行が浅いコンパクトなソファも多くあります。ただし、見た目やサイズだけで選ばず、座り心地を試してから選ぶことをおすすめします。
 

ソファの種類

そのスタイルや機能によって、いろいろな呼ばれ方をしているソファがあります。それぞれの特徴をまとめましたが、紹介したスタイルや機能が複数備わっているものもあります。

■パーソナルソファ
一人掛けソファ。コンパクトなので、一人暮らしに人気があります。ただし、寝転がるのは無理。 ■アームレスソファ
ひじ掛けのないソファ。同じ大きさでもアームがあるものより座面が広く取れます。また、ソファに寝転がりたいときにも、頭や脚にアームが邪魔になりません。 ■ローソファ(フロアソファ)
脚がない、あっても非常に低いタイプのソファ。家具が低い位置にあると圧迫感が軽減され、広々と感じられます。また、テーブルとの高さの差ができるので、床座の暮らしに慣れている人にも使いやすいソファです。 ■リクライニングソファ
背もたれを倒すことができるソファ。背もたれを調節できるので、用途に応じて使いやすい形にすることができます。完全に平らになるものであれば、昼寝や来客時などの簡易的なベッド代わりにも。 ■ソファベッド
ソファとベッドが一体化したソファ。ソファの形から「背もたれを倒す」もしくは「引き出す」ことによってベッドになります。狭い部屋でもソファとベッド両方を置けるいうメリットがありますが、きちんと上げ下ろしせず、ベッドになりっぱなしというケースもよくあります。(ソファベッドについては『一人暮らしの家具家電選び。ベッドorソファの選び方』『一人暮らしの家具、タイプ別暮らしやすいベッド選び』にも説明がありますので、併せてご覧ください) ■カウチソファ
寝そべることができるソファ。L字になっているものが一般的ですが、それ以外の形状のものでもそう呼ばれていることがあります。伸ばした足を乗せて、ゆったりと寛ぐことができますが、大きめなものが多いので、部屋の広さに余裕がある場合におすすめ。 ■コーナーソファ
部屋の隅に置けるようにL字になったソファ。家族みんな、もしくは多くの来客で寛ぐイメージ。スペースを取るので、一人暮らしにはあまり一般的ではありません。 ■カバーリングソファ
カバーを外して洗濯や交換できるソファ。汚れたときに丸洗いしたかったり、季節ごとにカバーのイメージを変えたいといったときに便利です。ただし、カバーリングソファでなくても、ソファの上からかぶせて使える各種カバーも売っています。

ソファの張地

張地は見た目や肌触り、座り心地だけでなく、どのくらい手入れをしなければならないかにも影響します

張地は見た目や肌触り、座り心地だけでなく、どのくらい手入れをしなければならないかにも影響します

■布
色や柄、素材が豊富にあって、たくさんの中から選ぶことができます。ただし、汚れがついたときには落とすのが難しいことがあります。ソファで食事をして、食べこぼしなどが心配な人には不向きなことも。布製にこだわるなら、洗えるカバーリンソファを選ぶのもひとつの手です。

■合成皮革
本革よりリーズナブルで、お手入れも簡単です。汚れても拭きとれるので、気軽に使えます。

■本革
高級感があって、値段も高い。水や高温、直射日光等に弱いので、置く場所を選びます。手入れをすれば布や合皮よりも長く使えますが、きちんと手入れをしないと劣化が進みます。
 

その他のソファの選び方のポイント

自分が座って気持ちがいいと思えるソファが一番。お店で選ぶときは靴を脱いで足を上げたり、寝転がってみて、しっかり感覚を味わってみてください

自分が座って気持ちがいいと思えるソファが一番。お店で選ぶときは靴を脱いで足を上げたり、寝転がってみて、しっかり感覚を味わってみてください

■座り心地
本当に納得のいくソファを選ぶためには、必ず座り心地を試してみることが大切です。しっかりとした硬さのものや身体が沈み込むような柔らかいものなど、様々あります。座り心地の好みはもちろん、「横になって寛ぎたい」「食事もしたい」といった自分のライフスタイルも考慮しながら選ぶようにしましょう。

■色
ソファは、部屋の中でも大きな面積を占める家具のひとつです。その色はインテリアにも大きな影響がありますので、慎重に選ぶ必要があります。

部屋に馴染ませるのであれば、壁や床、その他の家具の色と同系色のものを選ぶます。狭い部屋であれば、大きめな家具は同系色でまとめておくと、すっきりと落ち着いた印象に。また、ソファをインテリアのアクセントとして使うなら、ポイントとなるような鮮やかな色を選ぶというのもいいでしょう。そのときは他の家具や小物などに色数を増やしすぎないようにすると、狭くてもゴチャつき感が抑えられます。

■アームや脚の取り外し
ソファのアームや脚が取り外しできるものもあります。模様替えをしたいときや引越をしてイメージが変わったときなどにも対応しやすいです。

■オットマン
オットマンとは、ソファの前に置き、足を乗せるための台のこと。一人掛けのソファなどでもオットマンがあれば、足を伸ばしてゆったりと寛ぐことができます。一人暮らしの部屋ではスペースの余裕があるかを見極める必要がありますが、コンパクトなものもあるので、購入を検討してみてもいいかもしれません。
 

ソファのある暮らしをイメージしよう

ソファで恋人とイチャイチャ…なんていうのも憧れのひとつ。せっかく買うなら、自分の暮らしに合ったものをじっくり選んで

ソファで恋人とイチャイチャ…なんていうのも憧れのひとつ。せっかく買うなら、自分の暮らしに合ったものをじっくり選んで

ソファを買いに行く前に、どんなふうに使いたいのかをできるだけ具体的にイメージしてみましょう。例えば「仕事から帰ってきたときに、座って寛げるものがほしい」「寝転がりながら、テレビを見たい」「ソファに座りながら、パソコンで作業をする」「ソファで恋人とイチャイチャしたい」「インテリアとしてソファが必要」など、求めることによって選ぶソファは変わってきます。

また、一人暮らしの場合、結婚や就職、転勤など引越を伴うライフスタイルの変更もよくあること。憧れのあまり思い切った買い物をしすぎて、その後要らなくなってしまった…というのでは残念。部屋が変わったら、そのソファが使えなくならないか、その場合どうするのかもよく考えながら選びたいものです。

ソファにも様々な種類があります。まずは自分のライフスタイルをしっかりと知ることが、失敗のないソファ選びへの近道です。

==================

必ずしも必要な家具ではないソファ。だからこそ自分の暮らしを豊かにするために、しっかりとこだわって選びたいものです。「やっぱり要らなかった…」ということのないように、じっくりと検討しながら選びましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。