なぜ彼はプロポーズしてくれないの?

結婚したいけれど彼がプロポーズしてくれない、もしくは結婚の話を切り出せないという女性も多い。

結婚したいけれど彼がプロポーズしてくれない、もしくは結婚の話を切り出せないという女性も多い。

よく女性から相談される内容のひとつに、今、何年か付き合ってる彼氏がいるにも関わらず、なかな結婚への進展やプロポーズをしてくれないことがあります。

もし女性側の方が何となく結婚の話をしようとしても、その彼から露骨に避けられたり、はぐらかされる、人によっては、うざがられたり、不快な表情をされたり……そのたびに、「自分に何か非があるのでは?」、「もし彼とは結婚できなかったら?」なんて落ち込んだり、そんな悩みを抱えてる女性は少なくありません。

今回は付き合っている女性がいるのに結婚を決断できない男性の心理とは何なのかを一緒に考えていきましょう。

実はそれらは男性側の都合で進まないことが少なくありません。なので、決して自分が原因のせいなんだと悩むだけでなく、むしろ彼とのズレに早く気づくことで、あなたが行動し、見極めるべき機会となれば、さらに幸せになっていくきっかけになるはずです。


1.「年齢や交際期間により、結婚のタイミングがずれてしまった」

男性が結婚を決断できない大きな理由に、きっとタイミングが大きく左右すると答えるでしょう。とくに、出会った時の年齢も重要なポイントです。

社会人になって間もない20代であれば、恋愛の勢いだけで結婚に至ることもあるでしょう。いい意味で、気軽な恋愛する年代なので、いきなり結婚を視野に入れて付き合い始めるわけではなかったけれどお付き合いの延長線上として結婚に至ることができた、という人が多いはずです。

逆に言えば、自分が適齢だと思わなければ、いくら大好きな相手だからといっても男性側の仕事の状況やその時のモードでは「即結婚」という単純な図式にはならなかったでしょう。

過去に付き合っても結婚までいたらなかった女性も、もし出会う時期さえズレていれば結婚していた可能性もあったということですが、それこそがまさに結婚のタイミングの難しさでもあります。


2.「仕事が忙しかったり、転機を迎えている」

仕事のことで頭がいっぱいの彼。むしろチャンスかもしれません。

仕事のことで頭がいっぱいの彼。むしろチャンスかもしれません。

これもタイミングの一つとも言えますが、男性にとっては仕事の転機も結婚を迷う理由になります。

例えば、将来の出世に関わるような大きなプロジェクトに携わったり、起業や独立をしたばかりの時期だと、あなたとの結婚を躊躇するかたちになるかもしれません。男性心理としては、まずは仕事や収入を軌道に乗せるのが先……というところでしょう。そういった状態の男性にとっては、仕事は彼女との結婚以上に重要度が高く、意識の多くを占めているのは事実です。

男性としての責任感を達成して、きちんとプロポーズできる状況になるまでは結婚できないと思っている……ということは、つまり、将来的には本気であなたとの結婚を考えているのかもしれません。仕事が忙しい時期こそ結婚により精神的な安定を得ることができるとも言えるので、彼が「パートナーとして支えてほしい」と思えば、すぐに結婚に至る可能性も大きいのです。

ただし、結婚しない理由として「仕事」を挙げるのは簡単です。なので、それが都合のいい逃げの言い訳でならにように注意も必要です。


 
>>もう2つの理由は、女性にとってシビアな内容かもしれません。