一人暮らしの部屋

キュートなインテリアと、整理整頓された収納は女子力満点! 癒される空間です

人気の町・横浜のワンルームに暮らす一人暮らし女性のお部屋を紹介します。女の子らしさ溢れるインテリアと、しっかりと整理整頓されたきちんと感のある部屋は、居心地のいい癒し空間。一人暮らしをとっても楽んでいることが伝わってきます。

その他の一人暮らしの部屋のインテリアを紹介した記事は、「一人暮らしの達人」シリーズとしてまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。

部屋の間取り

なこさん(22歳)
会社員
一人暮らし歴 3年

-Room Data-
横浜市在住
家賃:64,000円(管理費2000円)
間取り:ワンルーム+ロフト
間取図

間取図

地方出身のなこさん。高校卒業後、就職をきっかけに神奈川に引っ越すことになりました。「姉が神奈川に住んでいたので、半年くらいはその部屋に一緒に住ませてもらっていました。でも、その部屋、普通の一人暮らし向けの1Kだったので、二人で住むには狭かったんです。夏になったら、姉に『暑いから、早く出て行って』と言われてしまって…」と、なこさん。そこから一人暮らしの部屋探しがスタートしました。

一人暮らしをするなら、憧れの街・横浜と最初から決めていたそう。その他にも「バストイレ別」「独立洗面台」「玄関を開けてすぐにキッチンや洗濯機がないこと」「駅から徒歩10分程度」といったこだわりの条件を挙げて、不動産情報サイトを検索する日々。条件に合うこの部屋を見つけたものの、「実は、まだ建築中だったので、内装もできる前に契約したんです」と、なこさん。初めての部屋探しで、完成した部屋も見ずに決めてしまうのは、さぞ思い切った決断だったのではないかと思いますが、「シリーズで展開しているハウスメーカーの物件なので、これまでの施工例を見て、これならきっと可愛い部屋だろうな、と思って決めました」とのこと。実際に住み始めてからも、「早く帰りたいな、と思える住み心地のいい部屋です」と話してくれました。

ちなみに、部屋を追い出されたものの、今現在もお姉さんとは仲が良いそうで、時々お互いに家を行き来をする間柄だそうです。

次のページでは、女の子らしさいっぱいの可愛いインテリアをより詳しくお見せしていきます>>