ガヤストリートの人気食堂「ケンワンヒン」

パン売り場

午前中はパンや中華まんを買い求めるお客さんで行列ができることも。

マレーシアでは朝食を外で食べるのも一般的。街の食堂は朝6時前から営業を始めます。安くて美味しいお店が沢山あるので、ホテルの朝食ビュッフェなんて必要ないくらい。

周辺にホテルやバックパッカー宿が多く、観光客がよく訪れる「ガヤ・ストリート」にも、ぜひ利用してほしいおすすめの朝食スポットがあります。それが今回ご紹介するお店「ケンワンヒン」。

場所はジェッセルトンホテルの斜め向かい。店先のセイロからは中華まんを蒸す湯気が立ち上り、焼きたてのパンが運ばれてくるたびに食欲をそそる香りが立ち込めます。

人気メニューは売り切れ必至の焼きたてパンと中華まん

パイナップルパン

パイナップルパンの中にはお店で毎日手作りされている新鮮なジャムがたっぷり!

メニュー

店先のメニュー表(クリックで拡大)

この店の人気メニューは何と言ってもパンと中華まん。それぞれ色々な種類があってどれも美味しいのですが、イチオシはパイナップルパン(1.50リンギット=約45円)!

メロンパンのようなさくさくのクッキー生地が載った焼きたてパンの中に、パイナップルの果肉たっぷりの自家製ジャムがぎっしり詰まっています。

他にも、バターシュガーがじゅわっと口の中で広がるバターミルクパン(1.20リンギット)や熱々ジューシーな豚まん(1.80リンギット)もぜひとも試してほしいメニュー。

これらのパンや中華まんはお昼前には売り切れてしまうので、午前中なるべく早い時間に食べに行きましょう。イートインもテイクアウトも可能です。

パンだけじゃない、豊富なメニュー

料理

右上から時計回りに、肉まん、コンローミーのスープ、コンローミーの麺、小豆のおしるこ、半熟卵、お茶。こんなに頼んでもたったの15リンギット程度(約450円)という安さも人気の理由です。

麺屋台

麺類やお粥の屋台。

店内には麺類の屋台もあり、あっさりスープ麺の「ミースープ」、スパイシーなココナッツミルク風味の「カリーミー」、牛もつスープ麺「ニューチャップ」、汁なし麺の「コンローミー」、お粥などのローカルフードも楽しめます。このお店ならではのメニュー、タピオカ入りのおしるこ(あずき/さつまいも)もどこかホッとする味。

パンや中華まんが売り切れてしまっていても、これらのフードメニューは一日中楽しめるので、ランチやお茶にもぜひ。パンや中華まんを食べに行くなら、ローカルの朝食客で混み合う7~8時台を外して、朝9時頃に行くのが狙い目です。

<DATA>
■Keng Wan Hing(瓊萬興)
住所:70, Jalan Gaya, Kota Kinabalu
営業時間 6:00~17:30
アクセス:ガヤストリートのジェッセルトンホテルの斜め向かい。バクテーの人気店「祐記茶室」の3軒左。

※2015年10月現在、1リンギット=約28円。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。