普段、軽自動車に乗っている人なら感動する新型ソリオの広さ

コンパクトサイズのミニバン「ソリオ」、「ソリオ バンディット」の新型が登場!気になる評価は?

コンパクトサイズのミニバン「ソリオ」、「ソリオ バンディット」の新型が登場!気になる評価は?


スズキにとって貴重な普通車登録(白ナンバー)の売れ筋モデルである『ソリオ』がフルモデルチェンジした。元々は軽自動車のワゴンRのボディを拡幅して急ごしらえしたクルマながら、予想外のヒットとなったためスズキもホンキになったのだろう。新型は新しいシャシを採用している。

ソリオの面白さは、このクラスで唯一のミニバンだという点だ。ライバル車はホンダ・フィットやトヨタ・ヴィッツ、日産・ノートなど1200~1300ccエンジン搭載のコンパクトカーなのだけれど、全て乗用車タイプ。当然ながら室内スペースだって広くない(フィットのみ広いです)。

ちなみにソリオの車高は1745mmある。ライバル車の全高を見ると、全てタワーパーキングに入る1550mm以下。加えて車幅1625mmで、ライバルより狭いものの軽自動車より145mm広い。軽自動車だって十分広いのだから、それより幅広のボディを持たせれば「驚くほど広い!」と感心するスペースになるという寸法。

広い荷室と豊富な収納スペース、後席両側スライドドアやリヤシートの利便性向上など使い勝手もアップ!

広い荷室と豊富な収納スペース、後席両側スライドドアやリヤシートの利便性向上など使い勝手もアップ!


実車に座ってみると、コンパクトカーと思えないくらい広い! フロントシートなどセンターウォークスルーになっているほど。左右方向の余裕もタップリだ! これなら家族4人+荷物を積んでのドライブだって平気でこなす。軽自動車に乗っている人なら感動するに違いない。

安全装備はレクサスの自動ブレーキすら凌ぐ性能

搭載されるエンジンは1200ccのデュアルジェット(1気筒あたり2つのインジェクターを持つ高効率タイプ)で、スズキ得意の簡易型ハイブリッドシステムと組み合わせている。正確に表現すれば、ハイブリッドというより、大がかり案アイドリングストップ装置と言って良い。発電機(オルタネータ)をモーターとしても使い、ホンの少しながらエンジンの補助にするというシステム。

モーターで発進出来るようなパワーこそないが、最小限のコストで確実に燃費を向上させる効能を持つ。結果、燃費自慢のフィット(売れ筋グレードで24.6km/L)を大きく凌ぐ27.8km/Lという軽自動車並のJC08燃費を実現した。そんなことで、車内スペースや燃費はクラストップなのだった。

さらに安全装備も万全。スズキは大半のモデルに『レーダーブレーキサポート』なる、レーダーなど使ってもいないインチキな自動ブレーキを使っているが、新型ソリオとスペーシアにだけは『デュアルカメラブレーキサポート』を採用(※詳細はこちらの記事を参照)。これは1000万円を超えるレクサスの自動ブレーキすら圧倒的に凌ぐ性能のシステムだったりする。

スバルのアイサイトにこそ届かないが、国産車の平均値を超える性能を持っており、事故回避性能は非常に高い。停止している車両に対して車速50km/hで接近しても停車出来る能力を有す。30km/hまでなら歩行者まで対応しているから素晴らしい。新型ソリオ買うなら必ず装備することをすすめておく。

ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムであるデュアルカメラブレーキサポート

ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムであるデュアルカメラブレーキサポート


唯一の「う~ん」が価格。自動ブレーキ付きで最も安い『ハイブリッドMX』は175万5000円。ただ200万円以下の車種で新型ソリオに匹敵する自動ブレーキを装備できる車種は存在しない。今や安全ってプライスレス。といった点からすれば優れた燃費を含め、なかなか魅力的かもしれません。


【最近の記事】
新型ランドクルーザーとレクサスLXを徹底解説!
新型シエンタ、乗ればわかる「売れ行き好調」な理由
レクサスIS200t登場!ライバル輸入車と徹底比較

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。