世界一タフなクロスカントリー4WD ランドクルーザーが生まれ変わった

トヨタで最も大きなボディを持つ『ランドクルーザー200』がマイナーチェンジしたのとほぼ同時に、今までは海外でのみで販売されていた兄弟車の『レクサスLX』を日本でもリリースした。レクサスLXの価格は、何と1100万円! それぞれ、はたしてどんなクルマなのだろうか?

マイナーチェンジしたトヨタ新型ランドクルーザー

マイナーチェンジしたトヨタ新型ランドクルーザー

日本でもリリースとなったレクサスLX

日本でもリリースとなったレクサスLX


ランクル200は世界一タフなクロスカントリー4WD車だと言われており、世界中の悪路で高い評価を得ている。結果、中東の紛争などで、敵味方国連赤十字問わずランクル200が使われているほど。ちなみに欧米にも「どんな路面でも走れる」クロスカントリー車は存在します。

しかし「壊れない」とか「壊れても修理しやすい」という点になると圧倒的にランクル200が強いのだった。そんなことからランクル200の先代に当たるランクル100も、その前の80も、海外の中古車市場では驚くほど高い値が付く。日本の中古車はほぼ全て海外に持ち出されるくらい。

最新のランクルに搭載されるエンジンは318馬力を発生する4.6リッターのガソリンV型8気筒で、信頼性の高い6速ATと組み合わされている。今回はエンジンなど基本コンポーネンツこそ変更されていないものの、レーダー+単眼カメラを使う自動ブレーキシステムなどを装備。質感も向上させた。

価格は最上級グレードの『ZX』で682万5600円。質実剛健に行くなら、ベーシックグレードの『GX』(472万8437円)というチョイスもある。残念なのは海外でラインナップされているディーゼルエンジン搭載モデルの国内投入が見送られたこと。燃費の良いディーゼルが出たら一段と魅力的かと。

新型ランクドクルーザーは衝突回避支援機能パッケージ「Toyota Safety Sense P」を初採用

新型ランクドクルーザーは衝突回避支援機能パッケージ「Toyota Safety Sense P」を初採用


2.7トンの重量級ボディを軽々と!レクサスLXの走りは?

レクサスLXはどうだろうか? 基本的にランクル200と同じ。ただエンジンを377馬力の5.7リッターV型8気筒+8速ATにグレードアップ。2.7トンという重量級のボディを軽々と走らせる(ランクル200の4.6リッターでも走りは余裕)。遮音材もタップリ奢られており、乗用車並みに静か。
レクサス

クロスカントリー4WDとは思えないインテリア。シートには上質なセミアニリンの本皮を使用する


12.3インチの液晶モニターをセンターに設置した本革シート仕様のインテリアはとうていクロスカントリー4WDと思えない。もちろん「砂漠のロールスロイス」と称される英レンジローバーにこそ届かないものの「砂漠のクラウン・マジェスタ」くらいの評価はしてもいいだろう。

当然の如く、レクサスLXにもランクル200と同じ最新の自動ブレーキ(停車している車両に50km/hで接近しても自動停止可能な性能を持つらしい)を装備。LSを除く全てのレクサスより優れた「未然に事故を防ぐための性能」を持たせてきた。大型のクロスカントリー4WDとしては世界一の性能だ。

残念なのが1100万円という価格である。最近のレクサスの大きな問題点なのだけれど、前述の通り基本は682万5600円のランドクルーザーである。エンジンとインテリアの差は最大限に見積もって200万円。200万円以上がレクサスのブランド料です。もう少し良心的になって欲しいと思う。

レクサスLX

「究極のラグジュアリーSUV」と謳うように、価格はなんと1100万円!


【最近の記事】
新型シエンタ、乗ればわかる「売れ行き好調」な理由
レクサスIS200t登場!ライバル輸入車と徹底比較
ディーゼルエンジン搭載!新型ランドクルーザープラド

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。