レクサスからついにダウンサイジングターボ「IS200t」が登場!

レクサスIS200t“F SPORT”(オプション装着車)

レクサスIS200t“F SPORT”(オプション装着車)


今や欧州車の大半が「ダウンサイジングターボ」と呼ばれる、小排気量エンジン+ターボを搭載している。ベンツやBMWなどプレミアムブランドも例外でなく、むしろターボ無しエンジンは時代遅れ。そんな中、レクサスがやっとダウンサイジングターボの「IS200t」を出してきた。

搭載されているエンジンはBMW320iなどと同じ、2リッター4気筒直噴ターボ。そして、これまたBMWと同じく8速ATを組み合わせてきた。最高出力245馬力/最大トルク350Nmは、大雑把に言って3リッターターボ無しエンジンに匹敵する。価格は455万4千円~。はたして魅力的な存在か?

諸処の事情により「日本車しか買わない」という人や「日本車大好き」という人を除けば、IS200tを購入する際、おそらくベンツCクラスやBMW3シリーズと比較して考えることだろう。私だって当然の如く輸入車と比較する。そもそもレクサスってベンツやBMWをライバルとして想定しています。

ライバルBMW3シリーズとの違いは?

まずISの開発チームが一番の対抗馬として考えているBMWから。2リッターターボエンジン搭載の320iの価格は483万円と、ISより30万円ほど高い。しかしISの場合、自動ブレーキがオプション設定になっている。装備するとほぼ同じ価格に。加えてレクサスの自動ブレーキは性能的に厳しい。

国交省の外郭団体であるJNCAPが行っている性能テストによれば、10km/h以下だと稼働せず。そして25km/hまでしか自動停止が出来なかった。気休めにしかならないと思ったほうがいいだろう。高額車を買える予算的に余裕のあるユーザーなら、事故防止装備は社会的な貢献だと考えます。

自動車の加害性を大きく減らせるだけでなく、新しい技術が普及することによりコストダウンだって出来る。そういった点からすればレクサスなど当然の如く全グレード標準装備にすべきだと思う。けれどいまだオプション扱い。一方、BMW320iは自動ブレーキを標準装備しています。

また、3シリーズなら506万円でクリーンディーゼル搭載の320dが買える。購入時の免税措置などで実質的な価格差は40万円以下になり、320iと同じく自動ブレーキを標準装備。さらにクリーンディーゼルは燃費が良いため、2万kmくらい走れば両車の価格差など燃料コストの差で埋まってしまう。

ベンツC200アバンギャルドとの比較はどうか?

レクサス IS200t“version L”

レクサス IS200t“version L”


ベンツであれば2リッターターボエンジンを搭載のC200アバンギャルドがライバルとなる。価格は534万円でBMW320iより高いものの、世界ダントツの自動ブレーキ性能を持つ。停止している車両に気づかず50km/hで接近したって自動停止。歩行者もキッチリ認識し自動ブレーキ。

IS200tの自動ブレーキは歩行者を全く認識しない。一方でC200アバンギャルドを選べば「世界一の技術」が付いてくるのだった。さらにベンツの渋滞時半自動運転機能も大いに魅力。ノロノロ走行時、ブレーキ&アクセルだけでなくハンドルまで操作してくれる。渋滞も苦にならないほど。

安全はプライスレス。それを考えるとC200アバンギャルドの魅力は大きい。一方、320dの場合、車両価格に燃料価格を加えた総合コストでIS200tを凌ぐ。といったことを考えれば「国産車しか買わない」という人を除き、残念ながらIS200tの商品力はC200や320dに届かないと思う。

【最近の記事】
ディーゼルエンジン搭載!新型ランドクルーザープラド
スバルWRX S4は「現在、最も魅力的な車」かもしれない
新型シエンタ登場!気になるスペックを徹底解説

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。