スペーシアに軽自動車初のステレオカメラ方式衝突被害軽減システム

スズキ・スペーシア

一部改良を行ったスズキの軽自動車「スペーシア」


これまで安くて性能が低いレーザー式の自動ブレーキシステムを高性能のミリ波レーダーを使っているように表記をしてきたスズキながら、決定的と言えるほど素晴らしいコストパフォーマンス持つ自動ブレーキを出してきた。もちろん偽装表記上等のメーカーのため公表されたスペックは全て実際に確認する必要あるものの、ホントなら凄い!

まず驚くのが価格。横滑り防止装置とセットで7万5600円である。自動ブレーキ同様、事故防止に有用な横滑り防止装置は、つい先日まで4万円以上していた。実質的な自動ブレーキシステムだけだと5万円程度と考えていいんじゃなかろうか。31km/h以上で機能停止する性能の低いレーザー式と大差ないオプション価格だ。

デュアルカメラブレーキサポート

「デュアルカメラブレーキサポート」は2つのカメラを採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム


一方、性能は公表されているスペック通りなら本当に素晴らしい。例えば、稼働速度域5km/h~100km/h。普通、この手の数字は実車速なので(スズキは不明ですけど)、メーター読みだと110km/h程度になる。軽自動車用として考えれば全く文句なし。前述の通り、レーザーを使うタイプだと街中や渋滞時のノロノロ走行以外、ほとんど役に立たない。

ダイハツが自信満々で導入したレーザー+カメラの新型の自動ブレーキも50km/hまで。トヨタはダイハツと同じシステムで70km/hまでといった具合。参考までに書いておくと、スズキの新システムと同じステレオカメラを使うスバルのアイサイト3(スズキより高い性能のカメラです)は180km/hの速度リミッター稼働まで機能している。

スズキのWebサイトによれば50km/hなら追突事故を回避できる可能性があると表記されていた。公的な評価を行うJNACPの自動ブレーキ試験は、50km/hで止まれないと良い評価にならない。したがって各メーカーが揃って新型から50km/hにしてきている。スズキもレーザー式だと25km/hまでしか完全停止は出来なかった。

今後、スズキの軽自動車すべてに「デュアルカメラブレーキサポート」

スズキ・スペーシア

一部改良では32.0km/Lの低燃費も実現された


ダイハツやホンダのレーザー式の試験結果を見ると、20km/hまでしか止まれなかったほど(トヨタやレクサスのミリ波レーダーも含む)。25km/hでしか止まれない自動ブレーキと50km/hまで止まれる自動ブレーキは雲泥の差である。スズキの新しいシステムの登場により、レーザー式は役割を終えたと考えていいだろう。

また、スズキの新型は30km/hまでなら歩行者に対する自動ブレーキも掛けてくれる。歩行者を認識するのは非常に難しく、現時点で自動ブレーキが掛けられるのは日本勢だとスバルとレクサスLSのみ。他は全く感知ができないか、できても警告する程度(ホンダは若干の回避操作を入れている)。確実に歩行者を判断することが難しいのだ。

ということで、スズキがスペーシアから導入を始めた圧倒的な性能持つ『デュアルカメラブレーキサポート』は素晴らしい! 今後、スズキの軽自動車に全て導入されていくという。これでライバルメーカーはイッキに厳しい状況になった。現時点でスズキの新しいシステムに勝てる性能を持つのはスバルのアイサイトだけです。

【最近の記事】
新型ステップワゴンと日本のチャイルドシート事情
ホンダ新型シャトルのスペース効率は現時点で世界一
スバルの新型SUV「クロスオーバー7」は注目の一台

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。