疲れ顔は早めのケアで元気顔に戻すべし!

「いくら休んでも疲れが取れない」という方はいませんか?疲れ顔をそのまま放っておくと、老け顔が形状記憶されてしまう可能性も……。疲れ顔は早めのケアで元気顔に戻していきましょう。今回は、簡単にできる疲れ顔ケア方法をご紹介致します。

自宅で出来る簡単疲れ顔ケア術3つ
1 ヒーローアイエクササイズ 

疲れが一番出やすい部分が目元。皮膚が薄く、敏感な部分なので、クマや垂れ下がりが目立ちます。目元をケアするだけで、いきいきとした表情に速攻チェンジすることが可能です。
外側に円を描くように回します。

外側に円を描くように回します。

■ヒーローアイエクササイズのやり方
まずはじめに、手を輪にして目の周りのある骨の部分に軽く押し当てます。人気ヒーローのような目元にします。

ここから外側に輪の部分をクルクルと回しながら目のマッサージを行います。10回転させて3セット行ってください。


2 頬のお椀エクササイズ

目元の次に頬も疲れが出やすく、たるみが目立つ部分。頬が垂れ下がることでほうれい線の原因にもなるので、しっかりとケアしたいですね。

■頬のお椀エクササイズのやり方
両手でお椀を持つように、頬骨の部分に軽く押し当てます。ほうれい線ができる部分です。初めは下を向いた状態で、顔をあげながら、頬のたるみを引き上げます。
はじめは下を向いた状態で。

はじめは下を向いた状態で。


 

次に顔を上げながら頬を引き上げます。

次に顔を上げながら頬を引き上げます。



3 効果的にホットタオルを利用する

目の疲れ解消には、ホットタオルで目の周りの血行促進をするのも効果的。プラスで好きなアロマをホットタオルに馴染ませると、良い香りからリラグゼーション効果も望めます。ホットタオルで目の周りを温めた後は、乾燥肌を引き起こさない為にも、必ず保湿クリームでケアを行ってください。
アロマを馴染ませたホットタオルもオススメ

アロマを馴染ませたホットタオルもオススメ


疲れ顔によって現れる悪影響

・目のクマ (原因:血行不良等)
・顔色が悪化  (原因:血行不良 紫外線による日焼け くすみ等)
・目元の痙攣 (原因:ストレス 疲労等)
・頬のたるみ (原因:頬の筋肉の垂れ下がり 肌の水分保持能力の低下等)
・化粧ノリの悪化 (紫外線による肌荒れ 肌の水分保持能力の低下等)

疲れ顔になりやすい環境

・紫外線を多く浴びている
・パソコンに長時間向かっている
・寝不足
・精神的、肉体的に疲れている

疲れ顔は、表情筋に刺激を与える事で解消できることもあります。毎日出来るところからはじめて、早めに解消していきましょう。疲れた顔は、相手に良い印象を与えませんし、化粧のノリが悪くなれば、自分の心も暗くなってきてしまいます。疲れ顔を無くし、心も体も元気な状態にしていきましょう!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。