Facebookアカウントでログインできるサービスは便利だけど……

ウェブサービスやアプリを利用するとき、新しくアカウントとパスワードを作る必要があります。しかし、最近ではスマートフォン向けのサービスも増えており、サービスを利用するたびに新しくアカウントを作るのが面倒となってきました。

そこで最近見かけるのが、代わりにSNSのアカウントでログインする方法です。特にFacebookは一人ひとつの実名登録が原則のため、個人認証において信頼性が高いと言われています。私たちにとっても、とりあえずサービスを試したいときにFacebookアカウントでログインできるのは便利です。Instagramのように、Facebookに同時に投稿できる便利な機能もあります。

しかし、便利な反面、リスクも伴います。使わなくなったサービスとFacebookアカウントがずっと連携されたままでは、悪意のあるサービスによって自分のアカウントでスパム投稿される場合もあります。使わないサービスや不審なアプリとは、アカウントの連携を解除しておきましょう。

この記事では、パソコンとスマートフォンから、連携サービスの解除方法を紹介します。


パソコンで連携サービスを解除する

画面の右上にある[▼]をクリックして、[設定]をクリックします。
[▼]をクリックして、[設定]を選ぶ

[▼]をクリックして、[設定]を選ぶ


左のリストにある[アプリ]をクリックすると、Facebookアカウントでログインしているサービスが表示されます。連携を解除したいサービスにカーソルを乗せて、[×]をクリックします。
[アプリ]をクリックして[×]をクリック

[アプリ]をクリックして[×]をクリック


確認画面が表示されるので[削除]をクリックします。これで、サービスとFacebookの連携を解除できます。
[削除]をクリックすると連係解除できる

[削除]をクリックすると連係解除できる


このとき[投稿や写真、動画など……]にチェックを入れると、そのサービス(写真アプリなど)から直接投稿した写真などもすべて削除できます。写真だけは残しておきたいときには、チェックを入れないでおきましょう。


サービスから投稿するときの公開範囲を変更する

この画面では、サービスからFacebookに投稿するときの公開範囲も変更できます。プライベートな写真を多く乗せるときには「友達」にしておくよいでしょう。変更するには、ペンのアイコンをクリックします。
[設定を編集]をクリック

[設定を編集]をクリック

[アプリと投稿の共有範囲]で公開範囲を変更できる

[アプリと投稿の共有範囲]で公開範囲を変更できる


>次ページ:スマートフォンで連携サービスを解除する