その4:「この人とやっていくんだ」と腹をくくれない

もっと自分に合う人がいるはず」なんて思っていない?

もっと自分に合う人がいるはず」なんて思っていない?

これは、その1の「関係を築く」ことにもつながりますが、パートナーがいても、なにか問題が起こると、「他にもっといい人がいるのでは?」と考えてしまう人がいます。
つまり、「この人とやっていこう」と腹をくくれないのです。

独身者に限らず、結婚しても、パートナーとの関係がうまくいかなくなると、修復を目指すよりも、「もっと自分に合う人がいるはず」なんて思い、離婚を繰り返す人は意外といます。
そんな人は、相手のせいではなく、“根気のない自分”に原因があることを知りましょう。

人と関係を築いていくためには、ある程度の「忍耐力」も必要です。人との絆は簡単に築けるものではなく、育むものですよ?



その5:すぐに喧嘩腰になる

自分と意見が合わないと、すぐに感情的になって喧嘩腰になる人がいます。日常に穏やかな日々を求めている人は少なくないので、一緒にいてすぐに喧嘩になってしまう相手とは「一緒にいられない」と思う人は多いでしょう。

すぐに喧嘩をしてしまう人は、自分の怒りの感情をコントロールできずに、相手にぶつけてしまうから、言い争いになりがちです。

それがいくら正論であっても、喧嘩腰にこられては、相手はたまりません。
どんなことでも、物は言いようです。それによって、相手に与える印象も変わります。
もし、冷静に相手の立場に立って物を言うことができたら、それは喧嘩ではなく、話し合いで済むはずなのです。

自分の思い通りにいかないことに対する「怒り」、さらに、それに伴う「恐れ」があると、人は相手を攻撃するようになります。でも、それは、“自分の弱さ”なのです。

喧嘩っ早い人は、相手に勝とうとする前に、自分の弱さに勝てるようになりましょうね。

最後は、多くの人ができていないことです。次のページで紹介します。