恋愛がうまくいかない理由がある

うまくいかないのは、自分が原因かも?

うまくいかないのは、自分が原因かも?

恋愛、結婚は誰もが当然のようにするものだと思いがちです。
でも、実際は、「本当の意味で人を愛し、愛されることほど難しいことはない」と言っても、過言ではありません。

これは、今、フリーの人や独身の人にだけに言えることではありません。
実際は、巷のカップルの中でも、「本当に相思相愛か?」というとそうではないこともあるし、さらに、結婚していても、実は仮面夫婦で「離婚は時間の問題」なんてこともあるのです。

大概人は、自分が人を愛せないのは、さらに恋愛、結婚がうまくいかないのは、「相手の(魅力の)せい」だと思いがちです。でも、実際は、自分自身に原因があるかもしれませんよ?
今回は、「恋愛がうまくいかない人が持っている問題」を6つ紹介します。自分に当てはまることはありませんか?


その1:人と関係を築けない

付き合っても、すぐに気持ちが冷めてしまう人がいます。さらに、相手が理想とは違うと嫌いになってしまう人もいます。
人と関係を築くというのは、「相手を自分の都合のよい人にすること」ではありません。都合が悪いところがあっても、許し、折り合いをつけあい、共に生きていくことこそが重要です。

人と関係を築けない人は、自分と関わる人は“自分の人生のオプション”くらいにしか考えていません。だから、関わるのが面倒くさくなると、さっさと縁を切り捨てるのです。

でも、誰もがおのおの“自分の人生”を歩んでいます。あなたのために生きているわけではありません。相手の人生を尊重し、お互いの違うところも認め合い、それでも関わり合う気持ちがない人は、どんなに素敵な人と出会っても、うまくいきません。
そんな人は、相手に魅力がないのではなく、自分に「関係を築く能力が不足している」ことに気づきましょう。

他にも「恋愛がうまくいかない人が抱えている問題」はあります。次に紹介する問題は、意外と現代人には多いことかもしれません。次のページをご覧ください。