【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

恋愛アプローチのスタートラインが分かれ道

気持ち悪い!それは直感的なものですが、恋愛に発展するかどうかの重要なボーダーラインです。(c)leokandlin

恋愛アプローチのつもりが、「ストーカー、痴漢」と思われたら悲しいですよね。(c)leokandlin

世の中には2種類の男性がいます。それは恋愛アプローチの際に、「気持ち悪い」と女性から思われてしまう男性と、「何をやっても受け入れられてしまう男性」です。

「恋愛や出会いに積極的になろう!」と一念発起して、恋愛のハウツー本を呼んで、出会いの場に参加。しかし、現場で即「気持ち悪い」と思われてしまう男性がいます。あるいは、運良く連絡先を交換できても、その後のメールの内容で「気持ち悪い」と思われてしまう。

こうなるとその女性から嫌われるだけでは済みません。
「○○さんがいるからイベントには行きません!」――そのような連絡が女性からイベント主催者に入り、周囲に迷惑をかけてしまうのです。実際に私も、同様のクレームを参加者から貰う際があります。これは、とても残念な瞬間です。

男女ともに、出会いを求めて参加しているはずのイベントなのに、なぜそんなことが起こってしまうのでしょうか? 今回はこの「四方八方にマイナスを振りまく存在」にならないための方法について紹介したいと思います。
やり方のほとんどが「現場での接し方、話し方、メールの内容」などが原因です。
それではさっそくいってみましょう。


1.出会いの場所ではファッションや身だしなみを人並み以上に

「ありのままの自分 で参加するのがいい!」――そんなふうに思い込むのは危険です。ベロベロのTシャツ、シワシワの地味なスーツ、これらをちぐはぐに合わせたとんでもないファッションや外見で参加してしまうことにもなりかねないからです。第一印象で「気持ち悪い」と思われてしまうと先に進めません。そのためにも、しっかりファッション誌を買ってコーディネートを学び、服を購入してから参加することです。それだけで「気持ち悪い」と思われる確率は下がり、参加した出会いの場が無駄にならないのであれば安いものです。

ルール2以降は次のページへ!