DIYでキャンプグッズを手作りしてみよう

キャンプのときに、ケースで持ち運びしてきたものを整理して並べておく場所が意外とありません。そんなときに使うものが手の届くところにおける棚があればとても便利。でも持ち運びに邪魔になる棚も困りもの……
ということで簡単に組み立て、分解ができる棚をDIYしてみましょう。

分解できるキャンプ棚

分解できるキャンプ棚



材料

左が赤松材、右が杉板

左が赤松材、右が杉板

28mm角の角材
900mm 4本 脚
240mm 8本 桟

杉板材
厚み24mm 幅235mm 長さ900mm 2枚 棚板
※棚板の幅より桟は5mmほど大きめに用意

35mm細ビス
木工用接着剤
8mm丸棒 1本
240番のヤスリ
塗料(今回はクリア)

使う道具
ドライバードリル
ダボ錐(8mm)
ダボ切り鋸
金槌

棚の制作

1.印付け
角材を使って線をひきます

角材を使って線をひきます

900mmの角材に印をつけます。900mmの角材に上から角材の幅分、線をひきます。
そして棚板になる杉材の厚み分あけて、同様に角材の幅の線をひきます。

 

2.ネジの穴あけ
角材の中心に印をつけます

角材の中心に印をつけます

線をひいた対角線の中心にネジ穴の印をつけます。接着剤を使うので1ヶ所ずつネジをとめていきます。接着剤を使わない場合は1ヶ所のネジどめだと材料が回ってしまうので、2ヶ所でとめてください。

印をつけたところに下穴をあけます。ネジは下穴に沿って入っていくので、なるべく垂直に下穴をあけましょう。

 

3.ダボ穴あけ
ダボ錐もできるだけ垂直にあけます

ダボ錐もできるだけ垂直にあけます

次にダボ錐で穴をあけます。ダボ錐を持っていない場合は55mmくらいの長さのネジを使って下さい。


 
4.ネジどめ
グラグラにならないようしっかり固定します

グラグラにならないようしっかり固定します

一番上から桟になる板を接着剤をつけてからネジでとめていきます。

 
左が上側

左が上側

次に真ん中、下ととめていきます。

 

脚に対して桟は垂直になるように

脚に対して桟は垂直になるように

同様に2セット制作してください。


 
上側になる方を下にしておきます

上側になる方を下にしておきます

枠が出来上がったら逆さまに置きます。そして棚板をいれます。

 
押し付けないように気をつけましょう

押し付けないように気をつけましょう

棚板を入れたら上に桟をはめ込みます。軽く棚板に寄せてネジで固定します。
棚板と桟の間に厚紙1枚分くらいの余裕を作って桟を固定してください。
ピッタリ過ぎると抜き差しに苦労してしまいます。

 

5.埋め木
強く叩くと丸棒が割れてしまいます

強く叩くと丸棒が割れてしまいます

ダボ穴を埋めていきます。8mmの丸棒の角を軽く金槌で叩いて穴に入りやすくします。

 
軽く叩きいれます

軽く叩きいれます

丸棒を金槌で穴に軽く叩いて、丸棒がグラグラしないところまでいれます。
もし緩い場合は接着剤を入れて固定しましょう。

 
ケガに注意してください

ケガに注意してください

ダボ切り鋸で丸棒を切ります。この時、鋸刃の前には絶対に手を置かないように気を付けて下さい。ケガの原因にもなりますので、必ず守って下さい。

ダボ切り鋸を持っていない場合は普通の鋸でも切ることができます。軽く丸棒を入れて、鋸で切ります。切った後は面よりも少し出っ張ってしまうので、金槌で叩いて面に揃えます。

最後にヤスリをかけるときれいな面に仕上がります。

6.塗装
全体的に滑らかになるように

全体的に滑らかになるように

棚板にも240番のヤスリをかけて表面を滑らかに仕上げます。
素地がザラザラしている場合は120番のヤスリからかけてください。
そして塗装をして完成です。


 
7.完成
組み立て前の状態

組み立て前の状態

分解できる棚が完成しました!

 

上部で固定される構造です

上部で固定される構造です

枠の上部に棚板を入れて、少しハの字になるように広げると安定します。
下は棚板をのせているだけです。
今回の作り方で棚板は3枚までのせられます。収納に応じて増やして下さい。

 

ペイントをしたり、段数を増やしたり、フックをつけたりなどいろいろなアレンジが楽しめると思います。今回は比較的軽い杉板を棚板に選びました。棚板は1枚の板である必要もないので、1×4材を数本差し込むようにしてもOKです。棚板が違うだけで雰囲気の違う棚が出来あがると思いますのでオリジナルにチャレンジしてください。手作りでオシャレなキャンプを楽しみましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。