円満脱退から強制契約解除--その間に何が?

ここ数年、ブームは落ち着いたと言われつつも、ライブハウスのイベント欄などを見てもまだまだその数は増え続けてるアイドルグループ。しかし昨年くらいからSNSを見てると「卒業」や「脱退」の文字の方が目立つようになった。といっても、以前からグループから卒業するメンバーは毎週毎日のようにいたはず。ただ、ここ最近トラブル込み”らしい”卒業・脱退が多く、より目につくのだ。「らしい」とつけるのは、その経緯が全て明らかになることは普通ないからだ。とはいえ、それとなくSNS上に噂は出回る。そんなネット上を賑わせたあるアイドルグループ脱退劇のすべてを明らかにするイベントが行われた。

それが7月29日に行われた、ファンタジーな世界観をモチーフにしたアイドルグループ・少女第九楽章-ガールズアンセム-(以下、ガールズアンセム)によるトークイベント『少女第九楽章-ガールズアンセム-の禊と合同討論会』

photo

少女第九楽章-ガールズアンセム-の3人(宮澤美琴・宮城桜・姫嶋香菜)とプロデューサーのMASATOさん。


この春まで5人組で活動していた彼女たち、しかし今年6月21日に公式HPに「メンバー脱退についてのお知らせ」という記事が投稿され、岡部凛・明希那ら2名の脱退が発表された。卒業公演などはないものの「今後の両名の人生が栄えある物になる事を心から願っております」とあり、決定的な卒業理由はうかがえないながら、文面からは話し合いの上での円満な脱退であることは感じとれた。

それが5日後の6月26日に「岡部凛、明希那、強制契約解除処分のお知らせ」という記事が公式サイトに投稿。脱退の発表があった上で、今度は強制契約解除=いわばクビとはどういうこと? その本文では「円満な形で終わるという条件からかけ離れたものである」「弊社及び所属タレントの信用を著しく落としこむ虚偽の発言が認められた」という事から「双方同意の上での契約解除ではなく」「重大な契約違反による強制契約解除という処分」と発表された。

photo

今年6月26日に公式サイトにアップされた「岡部凛、明希那、強制契約解除処分のお知らせ」。


この円満脱退からのクビ宣告とは、その合間にいったい何が起きたのか? その真相が全て明かされるのがこの日のトークイベントだ。メインスピーカーはガールズアンセムプロデューサーのMASATOさん。ゲストとして招かれたのはプロインタビュアーの吉田豪さん、絶叫する60度等運営の濱田さん、マボロシ可憐GeNE運営のモトダタケシさんの3人。