1人目育児中のママがさまよう、3つの迷路

2人目育児の力加減で1人目を育てられたら楽だけど、そうもいかないのが1人目育児

2人目育児の力加減で1人目を育てられたら楽だけど、そうもいかないのが1人目育児

2人目のお子さんを育てているママからこんなことをよくお聞きします。

「1人目はやり過ぎていました」
「2人目はもう適当で……」
「それでもちゃんと育ってくれてたくましい」

1人目と2人目、同じママでも接し方が大きく変わるようです。

1人目のときは、みな試行錯誤しながら、いくつもの迷路をさまよいます。特に陥りやすい迷路をここで3つご紹介しましょう。


1. ゴールのない迷路

育児に明確なガイドラインがあればママも分かりやすいですが、育児書はだいたいこんな感じに締めくくられています。

「お子さんのことをしっかり見て、臨機応変に対応しましょう」
「成長には個性があります。だから心配し過ぎないことが大切です」

これを読んで、「“個性”とか“臨機応変”とか、それが分からないから困っているの!」と思ったことありませんか? そんなとき、ママは自らのハードルを上げることで、それをカバーしようとしてしまいます。「私に全責任がかかっている。しっかり完璧にやれば大丈夫」と。

未知の世界で、個性に合わせて臨機応変に対応だなんて、本当に困ります。結局、どこまでお世話してあげたらいいのか分からず、朝から晩まで、時間があるかぎり奔走してしまうことに……。

■この時点でのママの心身の状態:
気疲れ、体力消耗、慢性的な不完全燃焼


2. 行き止まりばかりの迷路

1人目の妊娠期間中は、比較的穏やかに過ごしている方も多く、出産後の育児に思いを馳せながら、育児書を読んで過ごす方も多いもの。赤ちゃんの成長のこと、離乳食や栄養のこと、しつけ、教育のこと……。育児が本格的にスタートする頃には、頭は準備万端に。

しかし、産後、その知識を実直に実践しようとすると、思うようにいきません。本の上の知識を生身の人間に当てはめることの難しさに直面しつつ、なんとか押し通そうとすると、子どもに対してだけでなく、自分自身にも無理がかかります。

特に、「あれダメ、これダメ」とルールで動いてしまうため立ち往生してしまうというのはよくあるケース。例えば、「母乳じゃなくちゃダメ」「手作りじゃなくちゃダメ」など。抜け道のないマイルールで育児の自由度を失ってしまいます。

■その時点でのママの心身の状態:
息苦しさ、圧迫感。子どもも同様に窮屈な思いをしている



3. 隣の芝が青く見える迷路

人間は、周りをぐるっと見回して、自らの立ち位置を確認することがよくあります。育児も然りで、特に1人目は、我が子の成長が周りの子と同等かどうかが非常に気になります。もし、「昨日、ハイハイをし出したの」「トイレトレーニング始めたんだ~」などと聞くと、焦ってしまいます。

「成長には個人差がある」「個性を大切にしなくちゃ」と頭では分かっていつつも、気持ちは先走りし、子供に無理なプレッシャーをかけてしまうこともあります。

■この時点でのママの心の状態:
焦り、劣等感、母親としての自己嫌悪


この3つの迷路をお読みになって、当てはまるものはありましたか? 適度であれば、だれもが経験する1人目育児の迷路なので問題ありませんが、もし今、それが大きなストレスになっているとしたら、これ以上ひどくしないための対策が必要です。

>次ページで、このトラップに陥りやすい理由とそこから抜け出すための方法をお伝えします。