アメリカの育児ストレス調査で明らかになったこと

ママは毎日ヘトヘトです ……

ママは毎日ヘトヘトです ……

アメリカの情報サイト「TODAYMoms.com」が、7164名のママを対象に育児ストレスについての大規模調査を行いました。参加したママ達に、現在のストレス度を、1点から10点で回答してもらったところ、平均は8.5点(10点がもっともストレス)。アメリカでも非常に多くのママがストレスで悩んでいる実態が明らかになりました。

さらにその調査では、ストレスに影響を及ぼしそうな項目、お金のこと、仕事のこと、家族のこと、そして、自分のこと、などについての回答を得ました。

以下、ポイントの高かったもの、興味深いものをピックアップすると、
  • 46%のママが、子ども以上に夫にストレスを感じている
  • 60%のママが、やろうとしていることが終わらない、時間が足りないことにストレスを感じている
  • 60%のママが、男の子よりも女の子を育てることにストレスを感じている
  • 90%のママが、産後の体形維持などの美的なポイントにストレスを感じている
ということが明らかに。この結果、あなたはどう思われましたか? 「そうそう、私も!」と思うもの、逆に「私は違うかなぁ」と思うものもあったかもしれません。

さらに、
  • ストレス度は、子どもの数が3人でピークに、4人目以降は減少する
ということも分かりました。子どもの人数でストレス度が上下する、これは、「Duggar effect(ダガー効果)」 と呼ばれる現象で、19人の子どもを育てるDuggar夫妻から取ったもの。育児はあるピークを超えると、次第に楽になっていくという経験から名づけられたそうです。

>>次ページでは、なぜダガー効果のような現象が起こるかについて見ていきたいと思います。