一見、理想的な完璧主義。実は問題点もあり

完璧主義の子

一見「優等生」の特徴にも見える「完璧主義」も、導き方によっては、「落ちこぼれ」の原因となり得ます。

より高い成果への原動力ともなる「完璧主義」ですが、導き方によっては、子供の能力面、情緒面、人間関係面などで、様々な問題を引き起こしてしまう危険性があります。

この記事では、完璧主義の子が抱える問題と、その対処法について整理してみましょう。

 

「完璧主義」の子の特徴

「完璧主義」というと、高いレベルの成果を目指し、細部まできっちりと物事に取り組もうとする子を、まずは思い浮かべるのではないでしょうか。そして、「そんな『優等生』のような子に、何か問題があるの?」と疑問を持たれるかもしれません。それでも「完璧主義」には、「ネガティブな面」もあると示す研究が多くあります。

「完璧主義」がネガティブに働いているサインとは、以下のような場合です。
・失敗することを過度に恐れる。
・期待した通りに物事が進まないと頻繁に癇癪を起す。
・新しいことへ挑戦するのを避ける。
・間違いを犯すリスクのあることを拒否する。
・恥をかくことを過度に恐れる。
・困難を前にするとすぐに諦める
・するべきことをぐずぐずと後回しにする。
・「優勝できないなら参加しない」など「オール・オア・ナッシング」の選択をする。

完璧を目指すことも、度を過ぎるならば、本人や周りにとって、こうした「困り感」となって現れ始めます。そして完璧主義のネガティブ面は、次のような問題に繋がるとされています。


完璧主義が引き起こす、様々な問題

・様々な能力が伸びにくくなる
挑戦を避け、確実にできることしか手を付けようとしないため、成長の機会を逃してしまいます。また「失敗から立ち上がる」体験が重ねられないため、ますます失敗を恐れるという悪循環に陥ってしまいます。そのため、一見「優等生」の特徴にも見える「完璧主義」ですが、実は「落ちこぼれ」の原因とされることもあるのです。

・メンタルヘルスを損なう
未来の失敗を過度に恐れ、過去に「完璧でなかったこと」を引きずってしまうため、例えば不安障害やうつなどのメンタルヘルスの問題との繋がりが指摘されています。また自殺との関係を示す研究もあります。

・人間関係を築くことに困難を抱える
自分や周りの「至らなさ」を受け入れられず、関係がぎくしゃくとしてしまい、孤立しがちになります。

素晴らしい能力を発揮する原動力ともなる「完璧主義」。それでも、導き方によっては、こうして能力面、情緒面、人間関係面において、子供の健やかな成長を妨げる原因ともなってしまいます。では、周りの大人に、どんなサポートができるでしょうか? 完璧主義の子を、健やかに導く方法を、整理してみましょう。


完璧主義の子を伸ばすためにできること

・「評価」と「自身」を分けてとらえさせる
完璧主義の子は、100点を取ったら自分は100点の子、80点を取ったら自分は80点など、自分自身と「評価」を同一に捉えてしまいがちです。そのため低い評価を極度に恐れ、わざと努力を怠り、「本気出してないから」などと言い訳することもあるかもしれません。「評価というのは、あなたが100点や80点と決めつけるためではなく、あなたがこれから変わっていくためにあるのよ。今何ができるかできないかを学んで、できないことを改善していくために用いていこうね」そう繰り返し伝えてやりましょう。

・成果より努力を認める

「うまくできた/できなかった」といった「成果」よりも、「難しいことに挑戦してすごいね!」「最後まで投げ出さないで問題を解けて偉かった!」など、その子なりに頑張って取り組む「姿勢」や「努力」を褒めてやりましょう。

>>次のページでは、引き続き完璧主義への具体的な対処法を見てみましょう。