1人目育児は暗中模索、2人目でやっと肩の力が抜けた!

1人目と2人目の育児はまるで違います

1人目と2人目の育児はまるで違います

2人目育児で分かった!子育てにも鈍感力が必要な理由について考えます。

よくある育児スローガンに「肩の力を抜いて、育児を楽しみましょう!」とか「ただ子供を愛しめばいい」というものがありますが……従いたくてもそんな気持ちになれないし、フワッとしていてよくわからん、と思う人も多いのではないでしょうか?

私も例外ではなく、1人目育児のときは暗中模索で、2人目の時になんとなく「ああ、これが肩の力を抜く、というか手を抜くということなのか」と分かってきたところ。

というわけで、みなさまの育児の参考になれば幸いと、1人目と、2人目の育児を比べて「鈍感になっていい、子育ての手の抜きドコロ」について実例を公表します。子供の年齢は、0~2歳くらいの頃を振り返っています。


おむつ替え!青い線が出たら即取り換えるべき?

おむつ替えのタイミングで悩んだことも

おむつ替えのタイミングで悩んだことも

ほとんどのオムツに「おしっこをすると青色になる線」が搭載されていますが、メーカーによっては「最長12時間お肌さらさら」などの記載があります。みなさん、どうしてますか?

【1人目育児の時】
青色線を見ると「替えた方がいいのかな?」と思ったり、実母がせわしく「色が変わってるわよ!かぶれちゃうから替えて!」と指示出し。加えて長男はオナラをすると、ついうんちがちょこっと出ちゃう体質で、時には1日20回くらいオムツを取り替えていました(うんちは仕方ない)。

しかし数ヶ月後にかかりつけの小児科医から言われたことは、
「おしりのかぶれの原因はほとんど、おしりふきで何度もゴシゴシ拭いてしまうから」

約30年前の育児常識からアップデートしてないひと世代前の母たちは、布おむつをもとにかぶれを忠告してきますが、今は紙おむつのが進化しまくった21世紀。前述の小児科医のコメントを実母に伝え、納得してもらおうとしましたが……できない様子。悲しいかな、人は一度確信を得たことを簡単には変えられないようです。

【2人目育児の時】
母「青い線になってるよ!」
私「あっそ、替えたければどうぞ、どうぞ~」。

こうかわせるだけでだいぶラク。ウンチの時は替えますが、今では「青線」が搭載されてないオムツを使っています。

ちなみに、おしりにブツブツは上の子、下の子で1回ずつくらいありましたが、すぐに治りました。

泣いたらどうする?離乳食やトイトレは、2人目育児でどう変わっていったのかを見ていきましょう。