ワナをしかけて、カブトムシを捕まえよう!

"秘密のワナ"で大物を狙おう

"秘密のワナ"で大物を狙おう

カブトムシの捕まえ方のコツー道具と木の見分け方ー」ではカブトムシが好きな(樹液を出す)木の種類をご紹介した。

しかし、もし樹液が染み出ているような木がなかったら、あるいはカブトムシがいる痕跡がある(例えば近くにカブトムシの死骸を見つけたり、誰かが捕まえたとの情報をゲットしたり)のに良い木が見つからなかったら、秘密のミツを作ってワナ(トラップ)をしかけてみるのも面白いぞ。樹液に似せた特製のミツを自分で作って木に塗り、カブトムシをおびき出すんだ。

ここでは、カブトムシをつかまえるのに威力バツグンなミツの作り方、さらにはバナナトラップの作り方を教えるよ。ワナは昼間のうちにしかけておいて、その日の夜か翌日の朝に確認してみよう。


秘密のミツの作り方

■材料はバナナ2~3本、焼酎2カップ、砂糖1カップ
酎と砂糖をよく混ぜた後、バナナを軽く揉む

焼酎と砂糖をよく混ぜて、そこにバナナを入れて軽く揉む

  1. バナナは皮付きのままざっくりと切っておく。焼酎と砂糖をよく混ぜて袋に入れる(焼酎はお酒なので大人の方に用意してもらおう)。そこにバナナを入れて軽く揉む。この後、発酵させるので袋はしっかりと口が締められるタイプを用意しておこう。
  2. 材料を入れた袋を1~2日ぐらい太陽に当てて発酵させる。袋がパンパンに膨らみ過ぎたら、一度口を開けてガスを抜く。
  3. 発酵が終わったら、できたミツをビンなどに移し替える。

これでミツは完成だ。ハケなどを使って、木にミツを塗ろう。同じ箇所に何度かミツをつけ、ちょっと厚めに塗るのがコツ。

秘密のミツを木にぬる。樹液っぽく、やや厚めにぬるのがコツ!

秘密のミツを木にぬる。樹液っぽく、やや厚めにぬるのがコツ!


材料に他の果物(パイナップルやブドウがおすすめ)も少し入れるなどして、慣れてきたら自分で色々と試してみよう。オリジナルのミツを作るのだ。


秘伝! バナナトラップの作り方

あ

ストッキングにミツ&バナナを入れて、木に吊るす

先ほどのミツ&バナナをストッキングに入れて、木に吊るすという作戦も効果的だ。これが通称、バナナトラップってヤツ。ミツの作り方はさっきと同じ。ただし、この場合は、バナナは1本丸ごとか2つに切って、袋に入れてつぶした方が後の作業がやりやすい。


 

 
ストッキングから染み出たミツに誘われて、カブトムシがやってくるぞ。
あ

ストッキングにカブトムシの脚がひっかかって、動きにくくなるという効果もある


ただし、このバナナトラップを仕掛けるときは、最後に必ずワナ(ストッキング)を持ち帰って処分すること。遠足が無事に家に帰るまでが“遠足”なように、ワナもきちんと回収してこその“ワナ”なのだ。


★カブトムシの捕まえ方のコツ(道具と木の見分け方)はこちら。

 
★カブトムシの捕まえ方のコツ(時間帯と採集ポイント)こちら。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。