カブトムシの飼い方のコツ~成虫編~

成虫の飼い方にもコツがある

成虫の飼い方にもコツがある

実際にカブトムシをつかまえたら、飼育セットを作って飼ってみよう。大切に育てて、カブトムシをじっくりと観察しよう。うまく飼えば、卵を産んでくれるかもしれないぞ。

飼育セットの道具をそろえよう

まずはカブトムシを飼うための道具を準備しよう。必要なモノはカブトムシ達の家となる飼育ケース、家の床にあたる発酵マット、カブトムシがひっくり返るのを防いでくれるとまり木や樹皮、そしてエサゼリーなどだ。

発酵マットを入れる

カブトムシundefined飼育undefined育て方undefined飼い方undefined発酵マット

発酵マットをケースに入れる

はじめに飼育ケースの中に、発酵マットを入れよう。ケースの底から、だいたい4~5cmほどの深さになるように、マットを入れていこう。

マットの表面を固める

ビンの底などを使って、表面を固める

ビンの底などを使って、表面を固める

そしてコップの底などを使って、発酵マットの表面を押し固めるようにしよう。なぜならカブトムシのメスは、この固めた部分に卵を産むことが多いから(……といいつつ、マットの表面に産んじゃうこともありますよ)。

発酵マットを追加する

カブトムシundefined飼育undefined育て方undefined飼い方undefined発酵マット

さらに発酵マットを追加

先ほど固めた部分から、約10~15cmの深さになるようにマットを追加しよう。カブトムシのメスが中に潜れるように、今度はマットの表面を固める必要はありません。

カブトムシの飼育セットが完成!

最後にケースの中に、とまり木とエサ、そしてカブトムシを入れて、フタをすれば飼育セットは完成! カブトムシが逃げないように、フタはしっかり閉めること。

基本は1ケース内にオスとメスは1匹ずつ。とくにオスを2匹以上入れるとケンカをしてしまいます。直射日光の当たらない涼しい場所に置くことがポイント!!
ついに飼育セットが完成。立派なカブトムシの家ができました!!

ついに飼育セットが完成。立派なカブトムシの家ができました!!


エサの上げ方や寿命など、飼い方に関する疑問は「カブトムシの飼い方Q&Aー成虫編ー」でお答えしています!

幼虫やサナギの飼い方は「カブトムシの幼虫を飼育するコツ」「カブトムシのサナギを飼育するコツ」をみてね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。