疑問にお答えします! カブトムシの成虫の飼育方法

カブトムシundefined飼育undefined育て方undefined飼い方undefined成虫

カブトムシを家で育てるには?

今回はカブトムシの成虫を飼育する際に、よくありがちな疑問に対してお答えするよ。「これって何?」「あれっ、こういうときはどうするの?」と困ったときに、どれも役立つQ&Aばかりだ。しっかりと読めば、より上手にカブトムシを飼えること間違いなし!!

基本的な飼育方法は「カブトムシの飼い方のコツ 成虫編」を参考にしてね。

Q:カブトムシのエサにスイカをあげてもいいですか?それとエサゼリーって何? 

う~ん、スイカをカブトムシのエサにするのは良くないね。スイカは水分が多過ぎて、カブトムシがお腹をこわしてしまう。ケースの中も汚れてしまい、不衛生になってしまうんだ。
カブトムシundefined成虫undefined飼育undefined育て方undefined買い方undefinedエサundefinedゼリー

エサゼリーだと飼育が楽!

エサゼリーはカブトムシの大好物である樹液に似た成分で作られている。栄養分が高い上に、果物と違って腐りにくい。それゆえに、飼育ケースの中を清潔に保てるという利点もある。

もし、果物をエサにするなら、バナナかリンゴがおすすめだ。ただし、果物はゼリーよりも腐りやすいので、こまめに入れ替えるようにしよう。

Q:ケースの中で、よくカブトムシがひっくり返っているのですが…

このままだと、カブトムシの体力が消耗して長生きしなくなることもある。とまり木や樹皮など、カブトムシの足場になるモノをちゃんと入れているかな? 

こんな場合は、エサ台を使うのも効果的だ。これは、エサゼリーをはめ込める台のことで、ゼリーがころがらずにカブトムシが食べやすくなるし、台自体がとまり木のかわりにもなる。
エサ台を使うのもイイ方法

エサ台を使うのもイイ方法


十分な足場となるモノがあっても、頻繁にひっくり返るときは…残念ながら、そろそろ寿命が近づいているのかもしれないね。

Q:カブトムシの成虫って、どれぐらい生きるの??

基本的にカブトムシが成虫でいる期間は2~3ヶ月ほど。初夏にサナギから成虫となって、夏の終わりや初秋にはもう死んでしまうんだ。

ただし、それは自然界での話。飼育ケースで上手に飼えば、秋~秋の終わりぐらいまでは長生きするかもしれない。外敵がいないし、温度管理もできるので、カブトムシにとってはより快適な環境で生きていけるからね。
自然界ではカブトムシの寿命は2~3ヶ月ほど。夏の終わりには死んでしまう。

自然界ではカブトムシの寿命は2~3ヶ月ほど。基本的に夏の終わりには死んでしまう。


Q:カブトムシはどんなところで飼うのがいいですか?

カブトムシundefined成虫undefined飼育undefined育て方undefined飼い方

霧吹きはカブトムシ飼育には欠かせないアイテム

カブトムシにとって快適な温度は22~26℃ぐらい。これより少し高くても大丈夫だけど、30℃はこえない場所を選びたい。

ケースは直接日光が当たらない、暗く涼しい場所に置くように。それと、カブトムシはあまり乾燥している環境も苦手なので、ときどき霧吹きなどを使って、湿り気を与えてあげるといいぞ。

また、カブトムシがエサを食べ切ったり、エサが古くなってきたら、新しいのと交換してあげること。ケース内はときどき掃除してあげよう。

Q:カブトムシにエサをあげても、なかなか大きくならないのですが……。

残念ながら成虫になったカブトムシは、いくら食べてももう大きくはならない。カブトムシのカラダの大きさは幼虫からサナギになって時点で、ほぼ決まってしまうんだ。大きなカブトムシを育てたい場合は、幼虫のときに良い環境を作ってあげよう。


基本的なカブトムシ(成虫)の飼い方は「カブトムシの飼い方のコツ 成虫編」をみてね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。