大手町から東西線で行く「アパホテル千葉八千代緑が丘」

ホテル難民

マンション群と肩を並べる「アパホテル千葉八千代緑が丘」(右の建物)


大手町から東西線、京葉高速鉄道直通で約38分。駅を中心として機能性の高いベットタウンを形成しているのが「八千代緑が丘」です。駅には充実したショッピングタウンが直結しており、ホテルへ向かう途中での買い物や、外出しての飲食にも困らないのが嬉しいです。駅前ロータリーに面したホテルが「アパホテル千葉八千代緑が丘」。ビジネスホテルではありますが、一見シティホテルと見まがう雰囲気です。吹き抜けの明るいロビーは開放感があります。


ホテル難民

清潔感のあるデュベスタイルは客室を広く見せる効果も


客室は、デュベスタイルのベッドメイキングを採用、フカフカベッドが熟睡を約束してくれます。


ホテル難民

大浴場やサウナのあるホテルが多いのもアパホテルの特徴


何より嬉しいのは、天然温泉や露天風呂、そしてサウナと充実設備の大浴場です。旅の疲れも忘れてすっかりリラックスです。郊外ということもありプチリゾート気分にもひたれます。全館無線LANも導入され、ロビーでも客室でもサクサクインターネットでビジネスも捗りそう。

アパホテル 千葉八千代緑が丘
〒276-0049 千葉県八千代市 緑が丘1丁目2−30
047-458-8111

最後は、つくばエクスプレスで行くアッパー系ビジネスホテルです!