世界を驚かせた白ワイン

祝!undefinedソーヴィニヨン・ブラン30周年!

祝! ソーヴィニヨン・ブラン30周年!

初めて「クラウディー・ベイ」の白ワイン、ソーヴィニヨン・ブランを飲んだ時のことは、今でもよく覚えています。たぶん25年ぐらい前だったと思うのですが、日本に初めてクラウディー・ベイが輸入された直後のことでした。とあるレストランでソムリエさんが「これ、何だと思います?」と、白ワインが入ったグラスを出してきてくれました。

とても華やかな、そしてフルーティーな香りに魅せられました。パイナップルやパッションフルーツのようなトロピカルフルーツ系の香りがしたのです。
でも、一体どこの国のワインで、ぶどう品種が何なのか、よいアイデアが浮かばなかったのです。なぜかというと、当時は、こういうタイプの白ワインがなかったからです。困り果てた私をみて、そのソムリエさんは「わからないでしょ~」と、満足げでした。そして、ボトルを見せてくれて驚きました。

栽培責任者のジム・ホワイト氏

栽培責任者のジム・ホワイト氏

当時、ニュージーランドのワインのイメージといっても、本当に何もありませんでした。今回来日された「クラウディー・ベイ」の栽培責任者のジム・ホワイトさんも、こうおっしゃっていました。
「ニュージーランドの南島の北東に、私たちがワインを造るマールボロ地域がありますが、ここは1973年に初めてぶどうが植えられたという若い生産地です。ただ、大変ユニークな性格のソーヴィニヨン・ブランが生まれたので、短期間でとても有名になりました」。

ソーヴィニヨン・ブランという品種の印象を覆しただけではなく、キウイや羊のイメージぐらいしかなかったニュージーランドから素敵なワインが生まれるのだと教えてくれたのが、クラウディー・ベイでした。そして案の定、この成功をフォローするたくさんの造り手さんが出てきたので、クラウディー・ベイはニュージーランドのワイン産業の火付け役といってもいいかもしれませんね。

クラウディー・ベイの今

クラウディー・ベイは、1985年にソーヴィニヨン・ブランを、続いて1986年にシャルドネを、1987年にスパークリングワインのペロリュスを、そして1994年からは赤ワインのピノ・ノワールもリリースを始めました。

ニュージーランド出身のグラフィティ・アーティストのヘイリー・キング・フロックスさんによる祝いの作品

ニュージーランド出身のグラフィティ・アーティストのヘイリー・キング・フロックスさんによる祝いの作品

ニュージーランドのワインは、ソーヴィニヨン・ブランに続いて、ピノ・ノワールも注目度が高くなってきています。一度ニュージーランド航空に乗ったことがありますが、機内サービスでワインを頼もうとすると「白にしますか?赤にしますか?」ではなくて「ソーヴィニヨン・ブランにしますか?ピノ・ノワールにしますか?」と聞かれました。既に国を代表するぶどう品種として定着しているのですね。

クラウディー・ベイでも最近、特にピノ・ノワールにも力を入れているようで「毎年できがよくなっていますよ」と、ジムさんも力強くおっしゃっていました。
2013年のピノ・ノワールは、上品な花やラズベリーの香りと、しっとりなめらかな触感で、魚料理でも肉料理でも、どちらでも楽しめそうな味わいでした。

製作中のフロックスさん

製作中のフロックスさん

ソーヴィニヨン・ブランは、ちょうど2014年ヴィンテージがリリースされました。これが、記念すべき30番目のヴィンテージです。あいかわらずアロマティックで、なめらかな舌触りと爽やかさがとても心地よい白ワインです。今の季節に、そよ風の吹くテラスで飲みたくなるような味わいですね。日本の夏は蒸し暑いですが、このワインが生まれるニュージーランドの南島と北島の間は、常に風が吹いています。きれいな風を想像しながら飲めば、少し涼しい気分になれるかもしれませんね。

日本各地のレストランやバーで、2015年8月末まで30周年記念を祝して、旬の食材とのフードマリアージュを開催しているところがいくつもあるようです。暑気払いにお薦めします!

<ワインデータ>
カテゴリー:白ワイン
ワイン名:ソーヴィニヨン・ブラン
生産者:クラウディー・ベイ
ヴィンテージ:2014
産地:ニュージーランド/マールボロ
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン
輸入元:MHD モエ ヘネシーディアジオ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。