ジャークチキン

話題のジャークチキン。スパイシーなおいしさは癖になります

いつものバーベキューをもっと盛り上げたい! そんな人のためにとっておきのメニューをご紹介します。その名もジャークチキン

たっぷりと効かせた香辛料と炭火焼きの香ばしさの相性が絶品で、家族や仲間たちからも絶賛の声があがることうけあいですよ。


ジャークチキンはジャマイカ生まれ

そもそもジャークチキンとは、カリブの国ジャマイカのソウルフード。ざっくり言うとライムと香辛料を効かせたソースにどっぷりとつけ込んだチキンを、炭火でこんがりとローストしたものなのですが、その味わいは相当に複雑です。

スパイスとフルーツのうまみが肉の中にまで絡み合ったその味わいは実に芳醇。本場ジャマイカでは様々なお店が自慢のジャークソースをオリジナルで手づくりしているそうで、みんなご贔屓のお店の味や家庭ならではの味があるのだとか。


調理のポイントはしっかりタレに漬け込むこと!

今回紹介するレシピは、僕がジャマイカ帰りの友人から教えてもらったものをベースにアレンジしたもの。ポイントは、とにかく「タレにしっかりと漬け込む」こと。

タレに漬けたジャークチキン

できれば1日はタレに漬け込んでおきたい

バーベキューに出かける前日にしっかり仕込んでおけでば肉がジューシーで柔らかに! 密閉タイプの保存容器かジッパー付きの保存袋にいれて持って行きましょう。

材料(4人分)
鶏もも、胸肉 各2枚
タマネギ 1個(すりおろす)
ニンニク 2かけ(すりおろす)
ショウガ 1かけ(すりおろす)
パセリ 1本
ライム 1個
タイム 大さじ1
粗目 大さじ1
唐辛子 3本
粗びき胡椒(黒) 大さじ1
オールスイパイス 大さじ1
塩 小さじ1
酢 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
ナンプラー 大さじ1(なければしょうゆ)

<作り方
  1. 野菜はフードプロセッサーにかけて混ぜ、スパイス&調味料類をすべて加え、さらに酢、オリーブオイル、あればナンプラーも加え混ぜる。今回はライムの絞り汁が少なかった気がしたので、アドリブでオレンジジュースを少しだけ加えてみた。
  2. ここに皮目にフォークなどで穴を開けたチキンをつけ、もみ込んで1日置く(時間がないときは2~3時間)。
  3. 炭火でじっくりと両面を焼く。

炭火で焼いている

炭火でじっくりと焼き上げるといい香りが!

このレシピは辛さ控えめにしてますが、お好みでスコッチボネットやハバネロなど超激辛ソースを絡めてもOK! もちろんコショウの辛さだけでも十分美味です。

さあ、さわやかなバーベキュー日和の日にぜひともチャレンジしてください!

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。