糸谷哲郎。将棋界の至宝、竜王位を獲得した天才、いや、超天才である。
名人位と並ぶ将棋界の頂点を、なんと大学院生として哲学を探究しながら手に入れた男。ガイドは糸谷の強さの背景を、過去記事『怪物大王 糸谷哲郎とハイデガー』に書いた。未読の方には、ご一読いただけたら幸いである。


竜王・糸谷哲郎/ガイド画

竜王・糸谷哲郎/ガイド画

その王者・糸谷が「挑戦者」になるという。

それもテレビ中継されるイベントに、チャレンジャーとして登場するというのである。座しておくだけで尊敬と羨望を集める玉座の男が挑戦……?はて、どういうことなのか。


 

 

オセロに挑む

大人気のオセロ

大人気のオセロ

彼が挑戦のために足を踏み入れた世界は「オセロ」である。ご存じ、大人気の盤上競技だ。ガイドは、主催する子ども将棋教室・将星会にオセロ盤をおいているが、休み時間には順番待ちをするほどの人気だ。ちなみに、オセロは長谷川五郎氏が発案した日本発の競技なのである。考えれば、取った相手の駒を自分の持ち駒にできる将棋と、裏返せば味方にできるオセロ石、同じ日本発の文化としての共通点があるのかも知れない。 いわゆる「昨日の敵は今日の友」の精神である。

 


恐るべし、オセロキング

竜王の相手は2013年のオセロ世界チャンピオン。オセロキングの称号を持つ伊藤純哉氏だ。企画したのはTBSテレビ。「天下一文道会」(放送日2015年6月17日)という番組の1コーナーである。TBSの公式HPでこの番組はこう紹介されている。

「文道とは、武道とは対極の意味で「文学や学問などの道」のこと。つまり天下一文道会とは、その文道の頂点を決める大会である。文化系ながら手に汗握る対決が続出!(TBS)」

そして、こう続く。
「まずは『オセロ』。世界王者・伊藤純哉に劇団ひとり、厚切りジェイソンが挑む。相当なハンディをもらった2人には衝撃の結末が。そして、将棋界から最強の刺客・糸谷哲郎棋士が参戦。現役“竜王”である糸谷はオセロキングにどう立ち向かうのか。(TBS)」

まずは、劇団ひとりが24マスというハンディをもらいながら、全てのマスを取られてしまう完全敗北。次はジェイソンだ。彼は世界ランキング第4位というイリノイ大学工学部出身の頭脳を持つ男。その彼も端一列をそっくりもらうというハンディでの敗北。芸能人の二人をあしらうように倒したオセロキング。

目を引いたのはその勝負に対する凄さだけではない。なんとオセロキングは半袖Tシャツに短パン、サンダルという出で立ちで臨んでいたのである。対戦前、スーツ姿の劇団ひとりは言い放つ。
「パチンコ行く格好でしょう。(劇団ひとり)」

テレビ局の演出だろうか、はたまた、伊藤氏の自己表現なのか。いずれにせよ、さすがに常人を越えたとてつもない度胸である。しかし……、ガイドの胸に不安がよぎった。

ガイドの不安

将棋は礼節を重んじる棋道を持つ競技、そして、プロ棋士はその継承者なのである。伊藤氏の姿は対極、いや伝統的な礼節を拒絶しているかのようにも見える。もしや、竜王も普段着で出てくるのではないか。出演にあたって、そんな要請だってあり得るのではないか。ガイドの胸に一抹の不安が影を作ったのだ。そうであれば、この対戦に対する私の興味は一気にさめてしまいそうだ。

この番組はまぎれもなくバラエティ番組だ。頭を固くして観るものではない。それはわかっている。そして、誤解しないでいただきたいのだが、私は伊藤氏を批判しているのではない。オセロと将棋のマナーは違って当然だと思っているし、批判どころか、この対戦を受けた伊藤氏に賞賛を送りたい気持ちでいっぱいだ。世界チャンピオンにとって、異なるフィールドからの挑戦、しかも将棋界の頂点との対戦は大きなリスクを背負っている。オセロキングと竜王、両者のオセロ対局における「敗北の重さ」には雲泥の差があるのは言わずもがなだ。

だからこそ、竜王には本気の真剣勝負を臨んでもらいたい。正装でその意気込みを満天下に示してほしいのだ。