赤ちゃんと2人で過ごす時間がツライ私は、ダメなママ?

泣いている赤ちゃん

初めての子育てがつらく感じる理由を知ると、それだけで楽になります。

10ヶ月 というマタニティライフを過ごし、やっと会えた赤ちゃん。ぷにぷにしたお肌が気持ち良くて、小さなあくびもどんな表情も可愛いと思っていたのはつかの間。

退院して床上げも済み、いざ本格的な子育てが始まると、赤ちゃんと2人で過ごす時間がツライ。子育てを経験された方なら、一度はそんな気持ちになったことがあるはず。
それは子育てが苦手だからでも、赤ちゃんに愛情がないからでもありません。もちろんそんな風に感じることで、自分を責める必要もないのです。

 

赤ちゃんとの生活は「効率的」「合理的」という言葉とは無縁です。

おむつを交換した瞬間にうんち。お着替えさせた直後にミルクを吐き戻す。1回や2回くらいなら、コントのようで笑えるかもしれませんが、これが毎日。しかも立て続けにされるとなると、話は変わります。「嫌がらせ? 」と思わず言いたくなるほど、赤ちゃんとの生活は出鼻をくじかれることの連続なのです。

もちろん赤ちゃんがあなたに対して、嫌がらせがしたいわけではありません。赤ちゃんは、ただただ気ままに過ごしているだけ。いらないものは外に出し、欲しいものは泣いて主張する。その2つのシンプルな想いの中で生きています。

だからこそ、仕事をしていた時のような計画を立てても、ガラガラと崩れ去るし、効率的に進めようと思っても、上手くは行きません。「合理的」「効率的」この2つの言葉は赤ちゃんとの生活では通用しないのです。しばらくの間、ご縁がない生活だと受け入れてみる。そうするだけで楽になれます。

ネガティブなメッセージが増え、ポジティブなメッセージが減る子育てという時期。

たっぷり抱っこした後、ママもちょっと休憩しようと、お布団に寝かせてみたら大泣き。抱っこしてあげようとしたけれど、体を反らせて泣く。手足を力の限り突っ張って泣いたり、うなったり。寝ている時と、おっぱいを飲んでいる時、抱っこしている時以外に見られるこれらの行動に、ダメ出しされている気分になることありませんか? 赤ちゃんから強く発信されるものは、一見ネガティブなメッセージばかりに受け取りやすいものです。こんなに毎日頑張ってお世話しているのに、それでは気が滅入るのも当たり前ですよね。

また、赤ちゃんとの生活は、仕事をしていた時のように、認めてくれる上司はいません。ちょっとしたことでも褒めてくれる、隣のデスクの人もいないし、労ってくれてお互いに励まし合う同僚もいないのです。

頼みの綱である旦那さんも、毎日労い褒めてくれるかもしれませんが、おそらくあなたが求める量には足りないでしょう。仕事をしていて疲れている旦那さんが、上司・同僚すべての役割をまかなうことはできません。子育て中は、褒められる、認められるという感覚が著しく足りなくなる時期なのです。