バレエ/バレエ関連コラム

身体との対話が出来れば上達は早い!

バレエを習えるスポーツ・ジムなどではピラティスやヨガは一般的なクラスと言えます。バレエ・スタジオでも最近ではピラティス、ヨガを取り入れているところも多くなりました。これらはバレエの上達に役立つということですね。新しい取り組みをしているスタジオも珍しくなくなってきました。まだバレエ界に浸透していない新しいメソッドがあるのをご存知ですか? 新しいメソッドに注目してみましょう。

執筆者:石島 みどり

イメージの力をバレエに活用しましょう

イメージの力をバレエに活用しましょう

今バレエを上達させるためには、身体の感覚を研ぎ澄ますのが良いと言うのは、ご承知のとおりだと思います。ジャイロキネシスなどは新国立劇場バレエ団などでも取り入れられているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

何をバレエに取り入れればよいのか悩むところですが、一番の目安は自分に合っているかどうか、です。今回は、もしかすると、あなたのバレエの上達に役立つかもしれないメソッドをご紹介します。


元ダンサーが開発した 「フランクリンメソッド」

ダンサー、振付師を経て 「フランクリンメソッド」 を開発したエリック・フランクリン氏は、世界中のダンス学校でワークショップを開催しています。英国国立ロイヤル・バレエ・アカデミーなどでも教えています。海外のバレエ学校が注目しているメソッドといえます。

  1.  今の状態に気付く
  2.  どう変わりたいか考え、計画を立てる
  3.  イメージしながら実際に動いてみる
  4.  どのように変わったか、脳神経に記録する

上記のようなプロセスを踏んで、身体との対話をし、動きの機能と質の向上を目指すメソッドです。

解剖学的な知識と、想像力を掻き立てるイラストやイメージを組み合わせて、動きの改善を短時間のうちに果たせるところが特徴となっています。

日本では、最近、翻訳本が出ましたが、15年ほど前、英語版のみしか手に入らなかった頃は、特徴的でイメージの湧きやすいイラストを頼りに、活用させて頂いていたのが懐かしいです。

海外では、ダンサーやパフォーマーの他に、ピラティスやヨガなどのインストラクター、そして治療家が活用しているメソッドです。

日本では、フランクリンメソッド ジャパンで詳細を知る事が出来ます。講師一覧も載っており、バレエ関係の講師を探すことも出来ます。

まだご存知でなければ、あなたのお近くで活動されている方を探して、一度体験されることをおすすめ致します。
http://franklinmethodjapan.com/

日本のバレエ界では、まだ上達への新しい取り組みだと言えますが、今後発展の可能性を大いに秘めているメソッドだと思います。

もしあなたがバレエに伸び悩みを感じていらっしゃるのであれば、ぜひこの新しいメソッドに挑戦し、身体との対話を成功させてみてください。すぐに上達を形のあるものとして感じられるようになると思います。

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でバレエ関連の商品を見るAmazon でバレエ関連の商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます