常栄寺~日蓮上人ゆかりのぼたもち寺

妙本寺を出たら、門の前の路地を左に入ります。朱塗りの看板が鮮やかな冠木門(かぶきもん)のお寺は、「ぼたもち寺」と呼ばれる常栄寺。

常栄寺

「ぼたもち寺」と呼ばれる常栄寺


日蓮上人が、幕府を攻撃したかどで捕えられ、龍ノ口の刑場に連れて行かれる途中、ここの桟敷尼(さじきに)から、ごまのぼたもちをいただいそう。そのご加護か、首切り役人が刀を振り上げ、日蓮上人を切ろうとしたとき、空に光るものが飛び、役人は目がくらんで切ることができなかったといわれます。

<DATA>
■常栄寺
住所:神奈川県鎌倉市大町1-12-11
TEL:0467-22-4570
YAHOO!地図


静かな路地を抜けて

ここでちょっと路地歩き。常栄寺の向かいの細い路地を入り、太い道に出たら少し右に戻って、さらに同じ進行方向に向かう路地へ。ここを進んでいくと、滑川にかかる橋に出ます。
滑川にかかる橋

小道の途中に、滑川にかかる橋があります
 

素朴な趣漂う小道。次の別れ道を右に曲がり、由比ヶ浜の接骨院前を経て進んでいくと、市場の裏に出ます。


レンバイ~新鮮な鎌倉野菜がいっぱい

ここは鎌倉市農協連即売所。鎌倉の農家の方が直接野菜を販売し、「レンバイ」の略称で親しまれています。昭和3年から営業されている、歴史ある即売所です。
「レンバイ」入口

「レンバイ」は昔ながらの市場のたたずまい


とれたての地場産の野菜を、お土産に求めてもいいですね。あまり見かけないような、珍しい野菜も売られていたりします。最近は、素材にこだわる地元のレストランなどでも、こうした地場野菜がよく使われています。訪れるのは早い時間の方が、品ぞろえが豊富で楽しめますよ。
「レンバイ」の野菜

新鮮な鎌倉野菜がいっぱい


レンバイを出たら、鎌倉駅に戻りましょう。銀行前にある7番バス乗り場から、新逗子駅行きのバスに乗車し、飯島バス停に向かいます(海に行かない場合は光明寺バス停で下車)。冷房の効いたバスの車内で涼みながら、休憩も兼ねて移動できます。本数が少ないので、事前の確認がおすすめ。

<DATA>
■鎌倉市農協連即売所
YAHOO!地図

■神奈川バス案内WEB~一般路線バス系統検索
http://www.kanagawabus.or.jp/app/routebus/index