ふわふわしっとり!米粉の抹茶シフォン

所要時間:30分

カテゴリー:ケーキシフォンケーキ

 

ふわふわしっとり!米粉の抹茶シフォン

米粉を使ったお菓子にチャレンジしてみましょう。米粉、抹茶、豆乳と和の素材を使った和風シフォンケーキです。米粉はグルテンがないため、ふんわりと仕上げるシフォンケーキにぴったりの素材です。

米粉の抹茶シフォンの材料(17cmシフォン型1台分

米粉抹茶シフォンケーキ
卵黄 3個分
きび砂糖 35g(卵黄用)、50g(卵白用)
菜種油 35g
豆乳 30g
抹茶 5g
卵白 4個分
米粉 70g

米粉の抹茶シフォンの作り方・手順

米粉の抹茶シフォン

1:

材料を揃えます。卵は卵黄と卵白に分け、卵白は冷やしておきます。
卵白は10度位がよく泡立つため、暑い季節は冷蔵庫に入れておきましょう。

2:

ボウルに卵黄を入れ、軽く溶きほぐしてから、きび砂糖35gを入れて、ハンドミキサー高速で1分30秒混ぜます。

3:

菜種油を4回に分けて入れ1回入れるごとに高速で30秒ずつ混ぜます。

4:

豆乳を3回に分けて入れ、1回入れるごとに低速で20秒ずつ混ぜます。

5:

抹茶を入れ、スイッチを切ったまま飛び散らないように混ぜます。

6:

卵白にきび砂糖50gの半量を入れて、ハンドミキサー中速で1分、高速で1分30秒泡立て、グラニュー糖の残りを入れ、さらに高速で30秒泡立てメレンゲを作ります。 メレンゲはぼそぼそになるとうまく混ざりません。たてすぎに注意しましょう。

7:

メレンゲを卵黄の方にひとすくい入れ、ハンドミキサーの羽根1本で、ぐるぐると渦巻きをかくように混ぜます。

8:

メレンゲの方に7を全部入れ、羽根で渦巻きをかくようにゆっくり混ぜます。

9:

粉を5回に分けて加え、そのつど羽根でゆっくり混ぜます。 粉は前の粉が残っている程度で次の粉を入れていきます。混ぜすぎると泡が潰れていきます。

10:

粉が全部入ったら、ゴムべらでボウルのまわりをはらい、さらに15~20回混ぜます。 羽根で混ぜるので、ボウルの側面に混ざりきっていない材料が残っています。ゴムべらで落として全体をしっかり混ぜ合わせます。

11:

型に流し込み、 予熱しておいたオーブンで焼きます。 170度25~30分

12:

焼き上がったら、逆さまにして冷まし、完全に冷めてから型から外します。

ガイドのワンポイントアドバイス

ハンドミキサーの羽根は実は便利な道具。小さな子どもでもこれなら泡を潰さずメレンゲを混ぜることができます。もちろん大人にもおすすめの方法です。ぜひ試してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。