革靴でも靴下を履かないってホント?

フランス人は革靴でも靴下を履かないって、本当でしょうか?
イメージ画像

素足にスニーカーで自転車も軽快に

本当です。
イメージ画像

男性も、近所を歩くなら素足にモカシンやデッキシューズで軽快に


少し気候が良くなり、店頭に春夏物の商品が並ぶようになると、 多くのフランス人が冬の重装備を解いて、軽快な服装になっていきます。そして太陽の輝く日には足元も軽快に。靴下を履かずに靴をそのまま履くフランス人が増えてきます。

平日、さすがにスーツ姿にネクタイで素足にモカシンやデッキシューズという男性はいませんが、
イメージ画像

軽装になると気分も軽快、心地良い

「近所にパンを買いに」とか、「子供の送り迎え」「公園で散歩」というカジュアルな服装のときには、男性も素足に靴という組み合わせです。

女性は、パンタロンにスニーカーというカジュアルな組み合わせの時はもちろん、職場へ向かうスーツとハイヒール、パンプスやバレリーナ・シューズとの組み合わせでもストッキングを履かず、靴のふちから素足の指がのぞいていることがよくあります。

素足に直接靴を履いている人話を聞いてみると、「気候が良くなると素足で軽快に動き回れるのが快適」だそうです。

 

素足に靴の理由?

たとえお昼休みでも、天気のいい日には公園やセーヌ川岸などで日向ぼっこをしたいフランス人。サンドイッチを頬張りながら公園のベンチに座っていたり、ランチの後で短い昼寝を楽しんでいる人を横目に通り過ぎると、靴を脱いで裸足になっている人を見かけます。まるで冬の間、太陽に当たることのなかった足に日光浴をさせているようです。
まさかこれが理由とは思われませんが、裸足になりたいフランス人が多いのは確かです。

次のページでは、素足に靴で本当に大丈夫なのか、状況と対策をご紹介します。