世界一の夕陽、洞窟式ホテルがロマンティックなイア

santorini3

人気の洞窟式ホテルは離れのような雰囲気、海へと続く階段はロマンティックな雰囲気に溢れている

島の北端に位置するイアは、フィラに比べるとホテルからレストランまで静かで落ち着きがあります。青い丸屋根の教会と白い家々、世界一の夕陽と言われるサンセットの名所で、洞窟式(キクラデス様式)の有名な高級ホテルが点在します。

洞窟式ホテルとは、崖に沿うように建てられた一軒の家の造りですが、建物の奥の部分は断崖を掘り進んだ洞穴空間を利用しています。構造上、2,3階建てが限度なのでひとつのホテルの宿泊者数は多くありません。また同フロアに幾つか部屋があっても、別階段で出入りするため、離れのような落ち着いた雰囲気を満喫することができます。

部屋にはたいていデッキチェアのあるテラスがあり、海を眺めながらゆったりと贅沢な時間を過ごせます。海へと降りていく階段はロマンティックな雰囲気に溢れており、ハネムーンに絶大な人気があるのも頷けます。島内での結婚式も人気が高まっています。

夕陽を眺めるのはイアの要塞(展望所)が最適ですが、島全土からサンセットの時間を目指して観光客が押し寄せます。要塞付近や周囲のカフェなどはかなり混雑するので、早めの移動をおすすめします。フィラからイアへはバスが1日何便もあり、所要時間は約30分です。

サントリーニ島で必見の遺跡と主なビーチ、火山ツアー

santorini5

サントリーニ島ならではの火山岩の黒砂のビーチ

アクロティリ遺跡はフィラから南西に約10km、バスが出ています。紀元前1500年前の大噴火の後、厚い火山灰で覆われていたことで、先史時代のエーゲ海周辺の遺跡では最も保存状態が良いと言われています。出土したものはアテネの国立考古学博物館やフィラの新先史期博物館に展示されています。

古代ティラは、紀元前9世紀頃からビザンティン時代までの約1000年間、栄えていた街の遺跡です。約370m地点とサントリーニで最も高い場所にあります。ここからの眺めは素晴らしいので、絶景を満喫してください。

ビーチは火山岩の黒砂が特徴的なペリッサ・ビーチとカマリ・ビーチが有名です。古代ティラの山の両脇に位置しています。周囲にホテルやタベルナもあります。

赤い岩壁に囲まれたレッド・ビーチもサントリーニ島の名所。周囲にあまり施設はありませんが、湾なので波が穏やかで泳ぎやすいのでおすすめのビーチです。

群島のネア・カメニ島の火口周辺とパレア・カメニ島の温泉の入り江を巡る火山ツアーも人気があります。

サントリーニ名産の食べ物、固有品種ワイン、地ビールもぜひ!

santorini7

サントリーニ島名産のファヴァ

サントリーニ島は、乾燥した火山灰を豊富に含む土壌が広がり、名産の野菜や固有品種のブドウが育ちます。ファヴァはギリシャ料理の前菜(メゼ)としてよく知られる一皿で、サントリーニ島名産の黄色い豆を煮てピューレ状にし、オニオンスライス、レモン果汁とオリーブオイルでいただきます。豆のコクが感じられつつ、さっぱりした美味しさの料理です。

サントリーニトマトと呼ばれるミニトマトはちょっと面白い形をしており、このトマトのフライは美味しいです。白いナスも名産で、ペースト状にしたメリジャノサラダをぜひ味わってみてください。いろいろな料理のアクセントになるケイパーも名産、味が濃くて美味しいです。ビン詰めはお土産にもいいです。

またサントリーニ島はワインの名産地です。島の固有品種のアシルティコの白ワインは世界的にも評価が高まっています。甘いデザートワインのヴィンサントも有名。ワイン好きならArgyros(アルギロス)、Sigalas(シガラス)、Hatzidakis(ハジダキス)、Roussos(ルソス)など有名なワイナリー巡りや、老舗ワイナリーのVolkan(ヴォルカン)が経営するワイン博物館もぜひ訪れてください。ビールはそのワイナリーがつくる地ビールの Volkanがおすすめです。