サントリーニ島はヨーロッパのベストアイランドで第1位!

satorini1

断崖絶壁に沿う街並みが独特のサントリーニ島

エーゲ海のキクラデス諸島に属するサントリーニ島。青い空と海を背景に、崖に沿うように形成されている独特の美しい街並み、青い丸屋根の教会と白い建物のコントラストなど、そのロマンティックな風景が世界的に有名です。アクロティリや古代ティラなどの貴重な遺跡もあります。アテネからは毎日8便以上のフライト(夏季)があり、所要時間がは約50分です。ピレウス港から1日3便以上は船が出ていて、途中で寄港する島によりますが、高速艇では約4時半ほどです。

世界最大の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーで、実際に訪れた数百万人の旅行者によって選ばれるトラベラーズチョイス2015で、サントリーニ島は「世界のベストアイランド」で第 4 位、「ヨーロッパのベストアイランド」では第1位に!ギリシャにはたくさんの島がありますが、「ギリシャのベストアイランド」でもトップです。

今までも世界的に有名な旅行雑誌の投票などで、人気の島として1位に輝いたことが何度もあります。ギリシャで暮らし始めてからいろいろな島に行き、どこもそれぞれの魅力があると思いますが、どの島が最も好きかと問われたら、やはりサントリーニ島でしょう。

ギリシャ語での名前はティラ島といい、キクラデス諸島の最南端に位置する三日月形の島です。今日に至るまで何度も噴火を繰り返している火山島で、紀元前1500年頃に起こった大規模な噴火により島の中央が沈み、今の島の形に近くなりました。本島の他に4つの群島があります。紀元前3000年頃にクレタ島から移住してきた人々によってクレタ(ミノア)文明がもたらされ、さらにキクラデス文明が発展しましたが、大噴火によってそれが忽然と消えてしまいました。そのような経緯から、サントリーニ島こそが幻のアトランティス大陸だったという説もあります。

観光の起点となる賑やかな街フィラ

satorini2

フィラの街と目前に浮かぶ群島のネア・カメニ島。活火山の火口付近を巡るツアーもある

サントリーニ島内で一番賑わいを見せるのがフィラの街。ホテルやレストラン、カフェバー、土産物店などが軒を連ねています。島内の遺跡やビーチなどへは、フィラを起点にバスが大半を網羅しており、けっこう本数もあるので便利です。島内をバスであちこち回りたい人はフィラ滞在が便利です。

フィラでは崖に沿う街並みを眺めながらの街歩きも楽しいですが、アクロティリ遺跡からの出土品を展示する新先史期博物館、古代ティラからの出土品が見られる考古学博物館、16~19世紀の絵画や衣装、1930~50年代の写真などを展示するメガロン・ギジ博物館などもあります。 

オンシーズン、特に7、8月は観光客で溢れているので、有名なレストランは早めの予約が必要です。夜明け近くまでバーで賑やかに楽しむ人々も多いので、けっこう騒がしいこともありますが、ナイトライフを楽しみたい人はフィラに滞在するのがいいでしょう。

ちなみにフィラのすぐ北に隣接するフィロステファニも素晴らしい眺めの高級ホテルが点在します。絵葉書などでおなじみの青い丸屋根の教会もあります。フィラにも徒歩約10分ほどですが、落ち着きのある静かな街です。