バレエの夏期講習は子ども向けがほとんどですが、探せば大人が受けられるものも見つかります。

バレエの夏期講習は子ども向けがほとんどですが、探せば大人が受けられるものも見つかります。

バレエの夏期講習はどれも子ども向けのものばかり。対象年齢が大人までのものを探すのは大変です。

また、たとえ大人向けがあっても参加条件に長いバレエ歴を求められたりと、大人のバレエ歴では叶いそうにありません。大人対象のヴァリエーション講習などはあるのですが、上達をめざす講習はあまりないのが現実です。また、夏期講習は海外から講師を招くことが多いのですが、そのほとんどが子ども向けの上達を目指すものとなっています。

大人リーナだって、上達が欲しいのに……そんな人におすすめなのが「ワガノワ・バレエ・アカデミー教師による特別レッスン」です。


対象は大人のみの講習を探してみる

「ワガノワ・バレエ・アカデミー教師による特別レッスン」は東京で今夏7月に行われます。残念ながらお盆休みの期間ではありませんが、金・土・日の18:30~20:00の開催なので通いやすいのではないでしょうか。

世界最高峰のバレエ・メソッドを誇るワガノワ・メソッド。その本番のバレエ・レッスンを体験できるのです。バレエ教師はワガノワ・バレエ・アカデミーから、ピアニスト、通訳の方もついているという完璧な夏期講習になっています。

ぜひ、この機会に大人のための夏期講習を体験なさってみてください。詳細は下記サイトでご確認ください。
http://www.arstokyo.co.jp/general/2015/workshop/


対象は子どもから大人

対象が子どもから大人となっている夏期講習は、大人リーナは参加できるでしょうか? 対象が子どもの場合、先生の指導もおのずと厳しいものになります。大人が混じっていても、セミプロのような方たちが参加していて、とても入り込めそうにない感じがします。

気になる夏期講習があれば、見学させてもらうというのはどうでしょうか? 講師は毎年同じ先生の場合が多いので、どういう指導をするのか前もってチェックしたり、参加者のレベルのチェックもしたりしてみてはいかがでしょう? 少しハードルが高いと思えば、来年に向かっての課題が生まれるかも知れません。

子どもをメインにしている夏期講習でも見学を受け付けているところがあるので、夏期講習の雰囲気を味わうのも上達に役立つと思います。


夏期講習は子どもだけのものと思いがちですが、探せば大人対象の講習もあります。ネットで調べて、あなたに合った夏期講習と出会っていただきたいと思います。まずは少し勇気を出して、夏期講習に向けた一歩を踏み出してはいかがでしょうか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。