「失敗続きの負け人生」が「回復し続ける勝ち人生」に変わる!

ジャンプする女性

オルタナティブ・ストーリーを発見すれば、人生は劇的に変わる

たとえば、受験に失敗し、就職にも失敗し、恋愛にも結婚にも失敗したことを嘆いている人がいます。しかし、そもそもこれだけの失敗を経験しているのに、今こうして生きていられるのは、なぜなのでしょう?

それは、その人自身に強い生命力があり、失敗から立ちあがる回復力(これを「レジリエンス」と呼びます)を持っているからだと、私は思います。つまり失敗を重ねている人は、その分だけ「困難からの回復」という勝ち体験も重ねているのです。

「失敗続きの負け人生」のように、自分の頭の中で優勢になっているストーリーを「ドミナント・ストーリー」(支配的なストーリー)と呼びます。そして、このドミナント・ストーリーの裏には、見方を変えて描かれる「オルタナティブ・ストーリー」(もう一つのストーリー)が必ず存在するのです。「失敗続きの負け人生」のオルタナティブストーリーは、「回復し続ける勝ち人生」になるでしょう。

ナラティブ・アプローチでは、カウンセラーと共に自分のオルタナティブ・ストーリーを発見し、そのストーリーを“分厚く”する作業を行っていきます。つまり、自分に合わないストーリーには取り合わず、同じエピソードを別の視点で捉えながら自分に合ったストーリーを作り直し、そちらに注目していこうとするアプローチ方法です。

私もカウンセリングのなかで、この方法をさりげなく取り入れていますが、クライエントは自分が気づかなかったオルタナティブ・ストーリーを発見すると、目がキラリと輝き、顔色が明るく変わっていきます。カウンセリングの手法ではありますが、自分自身との対話でも、あるいは周りの人との会話の中でも、実践することができます。

人生をどう捉えるかは、その“人生のストーリーの描き方”次第です。ぜひ、あなたも自分の人生のオルタナティブ・ストーリーを発見してみませんか?


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項