髪にも紫外線対策、していますか?

undefined

対策ナシでは後で泣くハメに!?

髪は体の中で最も太陽に近く、浴びる紫外線の量は顔の約2倍以上ともいわれています。紫外線を浴びると、髪表面のキューティクルを構成しているタンパク質が変性し、破壊され、髪内部へのダメージへとつながってしまうのです。

対策をせずにひと夏を過ごすと、パサついて指どおりが悪くなる、ツヤがなくなる、枝毛・切れ毛が発生する、ヘアカラーが褪色する、といったダメージが現れ、スタイリングがしにくくなるという悪影響も。夏の終わりになってバサバサの髪に泣かないためにも、今すぐ髪の紫外線対策を習慣づけましょう!

1.外出時には帽子や日傘で紫外線をブロック

帽子や日傘を活用するのは紫外線対策の基本。しっかり紫外線を防ぎたいのであれば、紫外線遮蔽率の表示をチェックして、UVカット加工された生地の製品を選ぶのがおすすめです。

2.まとめ髪にして面積を減らす

髪をコンパクトにまとめておけばその分、紫外線に当たる面積を減らすことができます。また、スタイリング時には洗い流さないトリートメントをなじませて髪表面のキューティクルを保護しておくとダメージを抑えられます。


3.紫外線対策用のヘアケアアイテムを使う

最近では、肌にも髪にも使える日焼け止めスプレーが発売されています。今季のイチオシは、資生堂アネッサの「パーフェクトエッセンスUVスプレー」(70g/1800円[税抜、編集部調べ])と、ベキュア ハニーの「ワンダーハニー アロマUVカットスプレー(アイシングレモン)」(60g/1400円[税抜])。どちらも透明で白残りせず、髪につけてもゴワつきが気にならないところが優秀です。玄関などに置いておき、お出かけ前に髪にもシュッとひと吹きすれば万全ですね。
undefined

いずれも限定品なので、気になる人は早めにゲットするのが正解!


また、紫外線を浴びてダメージを受けた髪を重点的にケアするシャンプーやトリートメント(ケラスターゼの「ソレイユ」シリーズなど)も発売されているので、ダメージが気になるという人はぜひ取り入れてみて。


4.海や山でのレジャー時は、特に注意!

海や山でのレジャーも楽しみな夏、太陽の下に長時間いる時の対策も知っておくと安心です。海やプールでは紫外線の他にも塩分や塩素などダメージとなる要素が多い上、濡れた髪はキューティクルが開いているので特に傷みやすいといえます。海やプールから上がった後はできるだけ早くシャワーなどで髪についた塩分や塩素を洗い流し、しっかり乾かすように心がけて。

また、標高の高い山では平地にいるよりも浴びる紫外線の量が増えます。帽子をかぶり、日焼け止めスプレーも忘れずに使いましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。