ベトナムの米粉麺料理を紹介!国民食はフォーだけではありません

pho

ベトナム名物といえばフォー

ベトナムの名物料理といえば、真っ先に思いつくのが「フォー(Pho)」ではないでしょうか。牛骨から出汁をとったあっさりめのスープに、野菜や牛肉をちりばめた定番料理です。麺は米粉に水を加えて練った平たい麺です。歯ごたえはあまりないため、するすると食べることができます。日本では、薄味なことからヘルシー料理として女性に人気があります。

今回紹介するのは、フォー以外の米粉を素材にした麺料理。ベトナム旅行に訪れたときは、この記事を参考にして、麺料理の食べ歩きをしてみるのも面白いかもしれません。日本のラーメンのように種類が豊富で、また店によってスープ、麺、具が異なるので、お店探しも楽しみです。

北がフォーなら、南はフーティウ!

Hu tieu

フーティウが好きという日本人は多い

現在では、フォーはベトナム全国で食べられる国民食となりました。屋台から食堂、レストランにいたるまで、ベトナム料理を扱う店でフォーは欠かせません。しかし、そのフォーはもともと北部の名物でした。

一方、南の名物には「フーティウ(Hu Tiu)」と呼ばれる、フォーと同じく米粉の麺料理があります。フーティウのルーツはカンボジアと言われていて、現在ではメコンデルタ地方の名物とみなされています。実際メコンデルタ地方のカントー、ヴィンロンといった都市では、フーティウの屋台や食堂がいたるところにあります。

Hu tieu2

屋台、もしくは食堂料理で、レストランではあまり見かけない

フーティウは細麺で、フォーや他の麺料理と比べるとコシがあります。具はエビと豚肉が定番。メコンデルタ地方で食べられるフーティウは、もっちりとした食感が特徴で、乾麺はベトナム人のお土産として人気があります。また、フーティウには、スープがないフーティウ・コー(Hu Tiu Kho)もあり、濃厚な甘辛のタレを絡めて食べます。