この先に求められる能力とは

様々なジャンルの読書で教養を積むことはリーダーにとって不可欠な要素となるでしょう

様々なジャンルの読書で教養を積むことはリーダーにとって不可欠な要素となるでしょう

第1の波から紐づけられる能力は卓越した専門技能です。技能的に自立した状態であれば食べることに事欠かないでしょう。第2の波から紐づけられる能力は卓越した異文化適応能力です。さらに国籍が違えば、コミュニケーションの手段として、相応の語学力が求められることでしょう。第3の波から紐づけられる能力はグローバルな視野で物事をみる能力です。

この第3のグローバル・マインドセット(思考様式)はグローバルで事業を考える視点としては必要です。もう一つはグローバル・リーダーシップです。グローバルバーチャルチームで主導権を握るためには卓越した専門技能のみならず、国籍を越えてメンバーを束ねる統率力や人間的な魅力が必要不可欠でしょう。

近未来を予測する方法は?

20年前は1995年です。20年後は2035年です。20年前、今日のような世界をどのくらい的確に予測できたでしょうか?この20年間、特にデジタル情報革命により、新しい仕事が生まれたり、これまでの仕事が消滅しているのも現実の姿です。

成長著しいスマートフォンのアプリケーションの開発、オンラインショッピングの経営などは新しい仕事であり、ETCの普及による高速道路の料金所の係員、駅の改札口の切符切りの係員などはほとんど見られなくなりました。

さて、このような現実を予測する最適な方法は何でしょうか?

答えは圧倒的なインプットでしょう。インプットとは読書人脈に他なりません。全方位的にジャンルを越えて読書すること、リベラルアーツ(教養)という言葉がここ数年耳にされますが、大学でもグローバル基準では当然のことながら求められます。人脈も様々な分野のオピニオンリーダーから知識を習得することは有効です。

技術革新のスピードが遅い時代はとうの昔に過ぎ去りました。今や加速度的に技術革新が進んでいます。時代の波に飲み込まれることなく、きちんと時代と対峙し、主体的なキャリア形成をすることがますます求められているのです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。