「イイ子盛」の鉄則5:アイコンでかわいいキャラクターを伝える

幼少期の写真

幼少期の写真は、無条件にかわいく、イヤミじゃないので、好感度が高いそう。

プリクラや、写真加工アプリを駆使して作った「誰これ?」レベルの奇跡の1枚をSNSのアイコンにする女性は多いですが、最近の男性は目が肥えてきているので、逆にマイナスの印象を与えてしまうことがあります。

犬山さん「アイコンはそのままその人のイメージに直結しますので、 “あざとくなくてかわいい”のがキーワード。LINEなら、観光地の顔ハメ看板に顔を入れて満面の笑みや、遊園地の動くパンダの乗り物に乗ってダブルピースなど、ツッコミどころがあるもの。Facebookなら外で撮った楽しげにはしゃいだ写真、Twitterなら子どもの頃の写真かヘタウマ自画像など、SNSの特性に合わせた、自撮りではない写真をアイコンにすると『イイ子盛』になります」。

「盛る」ことは賢い選択!

『SNS盛』書影

犬山紙子さんの著書『SNS盛』。SNSにおける自己プロデュース指南書として、参考になるテクニックも多数掲載。

SNSで「盛る」ということに、抵抗がある人は少なくないでしょう。しかし、「対面したときの自分を見てほしい」と思っても、実際会ってる時間よりSNSでコミュニケーションをとる時間の方が圧倒的に長いもの。SNSで発信している内容から受ける印象はあなたが思っているよりも深く、評価を大きく上げ下げするものです。

SNSを全く使わないというのが難しい昨今。SNSでは上手く盛りつつ、仕事や恋愛を有利に進めたり、友情を深めていくほうが賢い選択だといえるのではないでしょうか。

【取材協力】
犬山紙子(いぬやま・かみこ)
日本のブロガー、コラムニスト、エッセイスト。デビュー作『負け美女』にて作家デビュー後は「負け美女研究家」として雑誌、ラジオなどのメディアに頻繁に取り上げられ、コメンテーターとしてTV出演も行っている。
ブログ http://corokkecorokke.at.webry.info/
Twitter https://twitter.com/inuningen

【関連記事】
・恋を遠ざける!SNSかまってちゃんのNG行動
・モテる人は褒め上手!ハートをくすぐる褒めテクニック
・「イイ女」なのにモテないのはなぜ?
・メアドで丸わかり!?隠された性格
・付き合う前にチェック!恋愛トラブルメーカー5つの特徴


 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。