パリで大躍進する人気店、日本上陸

フランス・パリで8店舗を展開する「ブーランジュリー・パティスリー メゾン・ランドゥメンヌ」が2015年3月30日、東京・麻布台に海外第一号店をオープンしました。
ロドルフ・ランドゥメンヌさん、石川芳美さん

ロドルフ・ランドゥメンヌさん、石川芳美さん

パン職人の石川芳美さんはもともと、日本でパンとお菓子の教室をしていましたが、パリの 「ブーランジュリー ボノー」「グルニエ ア パン」など数店舗で製パンを学んだ後、フランスと日本を結ぶ食のコーディネーターとして「株式会社ヨシミ・ブーランジェール」を起業、2006年にパティシエのご主人、ロドルフ・ランドゥメンヌさんとパリに「ブーランジュリー・パティスリー メゾン・ランドゥメンヌ」を開きました。
パンの販売形態は日本式、セルフサービス

パンの販売形態は日本式、セルフサービス

店は2011年にグルメガイドブック「ピュドロ」で「ブーランジュリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、2013年にはフィガロ紙においてパリで最もおいしいクロワッサン第3位に、そして今年はパリで最も美味しいエクレア・ショコラにも選ばれました。
お菓子のショウケースにも目を奪われる

お菓子のショウケースにも目を奪われる


バゲットが1本180円

これからの季節、ここち良いテラス席

これからの季節、ここち良いテラス席

「メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー」は飯倉片町交差点のすぐ近く。実は石川さんは2010年からこの新店舗の隣でパンとお菓子のスクール、Ecole Levain D'antan(エコール・ルヴァン・ダンタン)を主宰しています。そこで、かつて日本では難しいと思っていたハード系のパンの需要を認識したことがきっかけとなって、今回の出店を決めたのだそうです。
隣はパンとお菓子の教室「エコール・ルヴァン・ダンタン」

隣はパンとお菓子の教室「エコール・ルヴァン・ダンタン」

店では本国メゾン・ランドゥメンヌのエスプリと技術を身につけた職人さんたちがパンを作っています。日本風のアレンジを施さないパンはパリの8店舗と同じ商品構成ですが、原材料となる小麦粉はフランス産ばかりでなく国産も使用しています。
ヴィエノワズリ各種

ヴィエノワズリ各種

ショソン・オ・ポム

ショソン・オ・ポム


パリでは一店舗につき一日で2000~2500本を販売するというシンプルな「バゲット」は180円(税抜)、自家製のルヴァンリキッドを使用した、より旨みの濃厚な「バゲット トラディッション」でも220円です。パリに住む石川さんは主食であるバゲットを高く売ることに抵抗がある、と言います。
大型のパンが並ぶ

大型のパンが並ぶ

「それがビジネスとしてどうなのかわからないけれど、買いやすい価格にすることで、何度も買いにきてもらえたなら、たくさん焼いていつもフレッシュな状態で提供することができる。価格は安くとも、たくさん買っていただくことで、利益を出すというチャレンジをしたいと思っています」。

「バゲット」と「バゲット トラディッション」はともに鳥越製粉の「ドヌール」を100%使用。日々の食事パンとして飽きのこない味わいです。
ヴィエノワも大きめ

ヴィエノワも大きめ


フランス・フィガロ紙のお墨付き、クロワッサン

クロワッサン(フランス産バター)

クロワッサン(フランス産バター)

フランスのフィガロ紙で高評価されたクロワッサン(croissant au lescure) はレスキュールAOC発酵バターを使用。芳醇な香りとざっくりとした食感が素晴らしいのですが、関税の関係で日本では480円と非常に高価。そこでせっかくクロワッサンを買いに来てくれた人をがっかりさせてはいけないと、日本のバターでクロワッサンをもう1種類作っています。そちらは三日月型をしていて、250円。 表面のサクサクとした繊細な層と、中身のもっちりとした食感、ミルキーな甘味に感動があります。
クロワッサン(国産バター)

クロワッサン(国産バター)