イタリア人にとっての時間の感覚とは?

イメージ写真

イタリア人は時間にルーズ?

例えば日本人だったら、人の家に招かれた場合には少し前に到着しているのがマナーとされていますよね。まずこれは、イタリアでは逆なのです。イタリアでは5分ぐらい遅れて到着するのがマナーとされています。それは、 約束の時間に早く着いてしまうと、家の主人が支度が間に合っていない可能性もあるからです。

この「5分ぐらい遅れるのがマナー」というのが、何においても通用しているような気がします。家に招かれた場合に限らず、外で友人と待ち合わせするとき、レストランの予約など、15分ぐらいまでは、イタリア人にとっては「遅刻のうちには入らない」のです。
まず、この日本人とは多少違う時間の感覚を理解することが、はじめの一歩です。

遅刻しても知らせない?

日本人は約束の時間に遅れてしまう時には、相手にも知らせるものですよね。イタリア人は5分から10分程度なら、特に知らせることもなかったりします。そこで待ってるこちらはハラハラと心配し、電話をかけようものなら返ってくるセリフはいつだって同じです。

Sto arrivando! スト アリヴァンド!
(もう着くよ!)
Tra 5 minuti. トラ チンクエ ミヌーティ
(あと5分!)

この返事を真に受けてはいけません。もしかしたら、まだ自宅で靴も履いていない状態でもイタリア人は電話では大抵このように受け答えします。おそらく、相手を待たせることに対する罪悪感というのはあるのでしょうね。

イタリア人の遅刻の言い訳ベスト3

ようやく待ち合わせ場所にあらわれたら、こちらから聞かなくても遅刻の言い訳を始めるのがイタリア人です。その言い訳の中で最もよく使われるのがこちらです。

C’era traffico. チェラ トラッフィコ
(道が混んでいてね)
Ero incasinato. エロ インカジナート
(ちょっとバタバタしてたもんで)
Non è colpa mia. ノネ コルパ ミア
(私のせいじゃないの)

その他にも、車の鍵が見つからなかったとか、ガソリンスタンドに寄ったら混んでいたとか、出がけに親(あるいは彼女)から電話がかかってきたとか、来るはずの配達物を待っていたとか、財布が空だったのでキャッシュディスペンサーに寄ったとか、ありとあらゆるパターンがあります。

次のページでは、ベスト3に収まらない言い訳パターンをご紹介します。