別れのあいさつ まずはこの表現から

カフェ外席

コーヒーごちそうさま、さようなら Buonasera!

イタリア語の別れ際のあいさつには、出会いのあいさつと同じ表現のものがあります。「またね」とか「バイバイ」という意味のカジュアルなあいさつ「ciao チャオ」は、出会いのあいさつとしても大活躍の表現ですね。

「敬語を使って話す」相手に「さようなら」「失礼します」とあいさつする場合、午前中や午後の早い時間なら「buongiorno ブオンジョールノ」、夕方から夜にかけてなら「buonasera ブオナセーラ」と言います。どちらも、「こんにちは、こんばんは」という意味でも使われ、もともとは「よい日を」「よい夕方/夜を」と祈る表現に由来しています。

発音のポイント 軽くはじく巻き舌の「r」

イタリア語の発音といえば、巻き舌の「r」。つづりの中で「r」が1つあるとき(2つ並んでいないとき)は、軽くはじくようなつもりで、あっさり「r」と発音します。「buongiorno ブオンジョールノ」や「buonasera ブオナセーラ」の中に、この音が登場していますね。

図書館undefined群集

実はイタリア人にも「巻き舌r」が苦手な人がいます この中にも1人くらいは……

「私、巻き舌は苦手!」という方におすすめなのが、「pra, pra, pra」「tra, tra, tra」と唱えることです。続けるうちに、いつかできるようになる(はず)。また「サッポロラーメン・トロロそば」と言うのも良いと聞いたことがあります。たしかに「ポロ」や「トロ」の部分に巻き舌「r」を作りやすい「p」や「t」の音が含まれているので、理にかなっています。

私は高校生のころから大の“巻き舌好き”で、「毎日巻き舌rを発音し続けられたら幸せ……」と思ったのが、イタリア語を専攻する動機の1つになったようです。友達をつかまえては「Dr. スランプ アラレちゃん」の“ガッチャンのまね”と称し、巻き舌r音を利かせて「プルルピポー」と連呼し、いやがられていました……。(でも「プルルピポー」も巻き舌練習としてはおすすめです!)