向かい合ってアイコンタクト

イメージ画像

イタリア流の自己紹介とは?

日本では初対面の相手と向かい合った時には、ちょうど相手のネクタイの結び目あたりを見るのがマナーとされていますが、イタリアではまっすぐ相手の目を見ることが大切です。アイコンタクトに慣れていない日本人としては、どうしても照れてしまうところなのですが、ここで相手の目をきちんとそらさないで見ることで、良い印象を持ってもらうことができます。目を見るということは、イタリアでは「私はあなたに対して何もやましいことはありません」という意思表示でもあるのです。

握手とともに「初めまして」

自己紹介する時にはまっすぐ相手に向かい合って、右手を差し出しながら名乗ります。

Piacere, sono ○○○. ピアチェーレ、ソーノ ○○○
(初めまして、○○○です )

一般的に、イタリアでは苗字ではなく名前で自己紹介します。
もし右手がふさがっていたとしても、左手で握手するのは礼を欠くこととされています。ここで日本人は、どうしても握手しながらつい同時にお辞儀してしまいがちなのですが、お辞儀する必要はありません

名刺交換は必須ではない?

仕事の場面で、日本ならば真っ先に名刺を出すのが一般的ですが、イタリアではそうでもありません。こちらが名刺を差し出したら、「それならば私も..」という風に自分の名刺を出してくれると思います。それでも出してもらえなければ、聞いてみましょう。

Posso avere il Suo biglietto? ポッソ アヴェーレ イル スォ ビリエット?
(お名刺を頂けますか?)

職業を聞かれたら答えるのは会社名ではない?

もしも名刺交換するほどのかしこまった相手ではなくても、どんな職業についているのかは興味ありますよね。一番簡単な尋ね方がこちらです。

Che cosa fa? ケ コザ ファ?
(お仕事は何ですか?)

ここで日本と違うのは、日本なら自分の所属する組織や会社名、肩書きで答えることが多いですが、イタリアでは自分の任されている役職を答えます。「IT部門のプログラマーです」「生産コスト管理を担当してます」「PR部門で新ブランドのキャンペーンを任されています」「海外マーケティング担当です」といった答え方が一般的で、もし会社名だけ答えても、「その会社で何を担当しているの?」とさらに聞かれることが多いです。

次ページでは、初対面のシーンでどんな会話が好まれるかご紹介します。